【インタビュー】英チャート1位も記録、令和三姉妹が“みんな”と作った「みんなの旅☆みんなの歌」

ツイート

■アルバムをめくっているような

──では今回の「みんなの旅☆みんなの歌」について具体的なお話を聞いてみたいと思うのですが、それぞれの視点から、この曲の聴きどころやご自身のアピールポイントなどをお聞きしたいです。

間々田優:私、お2人に個別に聞いたことがないのでぜひ聞きたいです。

中村ピアノ:あぁ、たしかに!

間々田優:政次さん、どうですか?

美良政次:誰が主役というわけではなく、ちゃんとみんなが主役として生きている楽曲ですよね。僕は昔から、もちろんちょっと憧れの人なんかはいたりしますが、基本的には他のアーティストの音楽を聴き込んだりしないんですね。なぜかというと、自分のことが大好きだから(笑)。でもこの曲は、誰が引くとかではなく、みんながちゃんと前に出て出来上がっている楽曲だと思うので、自分(の良さ)も上手く生きていますし、お2人のいい部分もすごく出ている。そういうところをぜひ感じていただきたいなと思います。でもあえて何をどうお客さんに聴いてもらいたいかといったら、自分のかっこいいところを聴いてくださいということですかね(笑)。

間々田・中村:(笑)。

──そういうお気持ち、めちゃくちゃ大事だと思います(笑)。中村さんはどうですか?

中村ピアノ:私はやっぱりラップが面白いなと思っています。個々のライブを見たことがある方はわかると思うんですが、みんなラップとか歌わなさそうですよね(笑)。しかも私はピアノを、間々田さんは普段ギターを弾いて歌ったりするんですが、「みんなの旅☆みんなの歌」はハンドマイクで、踊ったり振り付けをやったりしながらライブで披露したりしていて。思いっきり弾けてやっているところ、いつもとは違う一面をみんなに見て欲しいと思ってます。

──お着物でラップというのも見応えがありそうですよね(笑)。では間々田さんはいかがでしょうか。

間々田優:「みんなの旅☆みんなの歌」は、令和三姉妹の長女である私が主導権を取らせていただいたんですが(笑)、私が思う以上のもの、私が予想できないものを作りたいなと思ったんですね。美良政次さんと中村ピアノさんがいて、皆さんからいただいた言葉があるので、ちょっと変な言い方になりますが、自分が操作できない部分というか、私の想像を超える可能性がすごくあるなと思ったんです。

──なるほど、結果はいかがでした?

間々田優:中村ピアノさんはサビの、メインになっているメロディーを最初に作ってくれたんですね。彼女は歌謡曲とかグラムロックなんかも通っているから、マイナー調がすごく得意で。

中村ピアノ:そう。好きですね。

間々田優:で、そういうメロディーが上がってきた時に、最初は「みんなの歌を作るのに、マイナーはちょっと合わないんじゃないかな」って思ったんです。一方、美良政次さんは曲を作る構想として、最後は希望が持てるような明るい終わり方にしたいと。おいおい、両極端じゃないかと(笑)。

美良・中村:(笑)。

間々田優:だけどその中で、組曲にしようというアイデアが出てきて。なるほどこれは私が手の内で作るものではなくて、2人のアイデアやみんなの構想を練り込んだものにしようと思ったので、じゃあ私は裏テーマとして、「みんな」だったり「中村ピアノさん」や「美良政次さん」が楽しめるというか、目立つというか、可愛くかっこよくなるような曲を作ろうということを考えました。そこがポイントかな。ですからサビなんかは美良政次さんと中村ピアノさんに任せて、私はコーラスなどに徹している部分が多いんです。曲を作る時点で私というカラーは出ると思ったので、みんなも合わせた“4人”の曲を形にできたなと思いますね。

──単純に比較できるものではないと思いますが、これまでの曲作りと今回の制作、何か違いみたいなものは感じていらっしゃいますか?

間々田優:いやぁ、もう、これは私のキャリアの中では考えられないようなことでした。こんな組曲を作るなんて構想もまずなかったですし、いただいたメロディーとかアイデアも、今までは形を変えたり自分のやりやすいように壊したりすることが多かったんですが、こうやって生かしながら出来たっていうのはすごくいい経験になりましたよね。あと今回初めて、皆さんからいただいた言葉がどこに使われているのか、どんな風に歌詞になっているのかを解説するということもやってみたんですよ。

──というと?

間々田優:私ひとりの配信ライブをやったんですが、「自分の言葉はどこに使われているんですか?」という質問がすごく多かったので、全部解説します!と。結構長い時間かけてやったんですが、自分のことだけじゃなく、この人の思いがこんな風に使われているんだっていうのを知って、みんなすごく喜んでくれたのがめちゃくちゃ嬉しかったんですよね。この経験は本当に、美良政次さんと中村ピアノさんと作り上げることができた、得難い宝物だなと思いました。

──きっと自分の気持ちや言葉を送られた皆さんも、この曲に対する思いがさらに高まるというか、一緒に作ったんだなという何ものにも変えがたい気持ちを受け取られたと思います。

美良政次:あれだけのワードを、間々田さん、よくまとめてくれたなと。僕ら3人それぞれが作ったベースとなるものに、皆さんのワードをパズルのようにちりばめてくれたんですよ。

中村ピアノ:ニュアンスというか、最終的には同じ思いだなってところにまで持っていってくれているんです。

美良政次:言葉は違えど、解釈は変わらない感じに仕上げてくれたんですよね。

間々田優:お2人とは「この歌詞とこの方の言葉を入れ替えていいですか」って何度もやりとりをして、相談しながら作っていきました。

──思いという感覚的な部分を汲んで同じ方向に持っていけるって、さすが“三姉妹”ですね(笑)。

間々田優:よかったです(笑)!

美良政次:いやもう、すごく感謝しました。

中村ピアノ:バンド編成の時もありますが、私は普段ひとりで活動しているので、ひとりで歌詞を書いてひとりでメロディーを作ってひとりでライブをしているんですね。でも今回こうやって間々田さんがパズルのように言葉を組み込んで歌詞を作ってくれたり、お客さんがこういう思いなんだっていうのを知ることができて、それを歌詞に乗せることができて。普段自分が作って歌って世に出している感覚とはまた違って、本当にひとりでも欠けたらこの曲はできてなかったんだろうなって思いましたね。この曲、聴けば聴くほどアルバムをめくっているような心境になるんです。ツアーでこういうことがあったなとか、写真のように場面をすぐ思い出せる。本当に特別な1曲になったなと思いましたね。

間々田優:作っている最中は、緊急事態宣言が出ていた頃だったこともあって長い長いトンネルの中にいるようでしたけどね。先が見えなくて「誰かー!これ、本当に出来上がるのか教えてくださいー!」って(笑)。

──(笑)。でも結果的には、今のこの時代の空気感をも刻み込んだ楽曲として完成したわけで。“令和”と名付けられたのも、そういった思いがあったりするのでしょうか。

間々田優:そうですね。曲ができてユニットとして名前を付けたのは去年でしたが、リリースされていろんなところに広がり始めたのは今年、つまり令和3年で。令和三姉妹と令和3年って重なっていることも、追い風のように感じるんですよね。

中村ピアノ:縁起がいい(笑)。


──ちなみに美良さん、“三姉妹”ということに関して異論はなかったんですか(笑)?

間々田・中村:(笑)。

美良政次:正直、「…三姉妹!?」っていうのはありましたよ(笑)。でも今は男だとか女だとか、もうそういう感じではないじゃないですか。

間々田優:悲しいことに、三姉妹の中で一番美しいのが末っ子の政次さんですから(笑)。

中村ピアノ:私も言おうと思ってた(笑)。美しいからまぁ、姉妹でもいいんじゃないかなと。

美良政次:褒め上手ですねぇ(笑)。

間々田優:ひとつネタとしては、“レツゴー三匹”的なね。「三波春夫でございます〜」って、オチがつけばいいなっていう(笑)。

──個人的には、「だんご三兄弟」やドラマ『やっぱり猫が好き』の恩田三姉妹のように、三きょうだいものは裏切らないなと思っています(笑)。

中村ピアノ:おぉ〜(笑)。

間々田優:たしかに!

美良政次:ありましたねー(笑)。

──“三姉妹”の活動は、今後ももちろん続いていくんですよね?

間々田優:はい。リリースイベントなども決まっていますが、私個人としては、いろいろとまた三姉妹の曲を書きたいなと!

中村ピアノ:私もです!次のリリースなどが具体的に決まっているわけではないですが、何かふと曲が浮かんだ時に「これは間々田さんと政次さんが一緒に歌ったらいいかもしれない」って思うことがあって。自分の中に、新しい引き出しが出来たんですよね。「みんなの旅☆みんなの歌」に「僕たちの旅は続いてく」って歌詞もあるように、曲ができて「はい、みんなお疲れ!」ではないと思うし、この前のツアーで中止になった場所もありますから、「ここでおしまい!」ではなく、まだまだ続きがあるかもよって感じでぜひドキドキしながら待っていてもらいたいなって、勝手に思っています。

美良政次:北は北海道、南は沖縄までという形でツアーは始まったんですが、ブロックで言うと九州と四国に行けなかったんです。だから、まだ旅をしている最中のような気持ちなんですよ。

間々田優:そうですね。

美良政次:行かないことには、気持ち的にも終われない(笑)。なので、今後もぜひ続けていきたいなと思っています。

──では最後になりますが、読者の皆さんにお知らせなどありましたらお願いします。

間々田優:実は今、クラウドファンディング型の応援キャンペーンをやっているんですが、皆さんの応援のおかげでたくさんのメディアにも取り上げていただいています。いろんなコースがあるんですが、中には「あなただけのオリジナル合作ソングプラン」といって一緒に作曲ができたり、バスツアーが予定されたりしているんですね。アーティストとして皆さんに喜んでほしいっていうこともそうですし、みんなとまた曲が作れるっていうのもすごく楽しみで。ぜひこちらも一度ご覧いただけたらなと思っています。

取材・文◎山田邦子

New Single「みんなの旅☆みんなの歌」

2021年2月17日(水)発売
TH-333 ¥1,500+税
発売元:株式会社ローズクリエイト
販売元:ダイキサウンド株式会社

[収録曲]
01. みんなの旅☆みんなの歌
02. 恋の旅☆恋の歌〜間々田優 Ver. 〜
03. 恋の旅☆恋の歌〜美良政次 Ver. 〜
04. 恋の旅☆恋の歌〜中村ピアノ Ver. 〜

この記事をツイート

この記事の関連情報