雨のパレード、リスナーへのエールの想いを綴った「Dear Friend」のLive Music Videoを公開

ツイート

雨のパレードが、今春に計画していた全国ツアー<ame_no_parade TOUR 2021 ”Face to Face”>の開催を見合わせ、夏季以降に向けて再調整。そこで、リスナーの気持ちに少しでも応えるため、2020年末にZepp DiverCity(Tokyo)で開催したワンマンライブの演奏シーンからエールの想いを綴った「Dear Friend」のLive Music Videoを公開した(https://youtu.be/D5J8jIcuW-g)。

<ame_no_parade TOUR 2021 ”Face to Face”>の開催見合わせは、ニューアルバム『Face to Face』の新曲達を携えての全国ツアーだっただけに、メンバー、スタッフ共に苦渋の決断となったが、気持ちを新たに夏季以降のライブ開催に向けて再調整している。


「Dear Friend」はノイジーで甘美、そして壮大な雰囲気が持ち味のサウンド。歌詞は福永(Vo.)が学生時代に登校拒否をしていた自身の体験をもとに、今同じ境遇にいる少年少女達に向けて、少しでも前向きな気持ちになってくれたらというエールの想いが綴られているが、新型コロナウイルスの感染拡大による未曾有の事態となった今の状況にも重ねられ、老若男女の様々な境遇にも当てはまる楽曲にもなっている。

●雨のパレードからのコメント
いつも雨のパレードを応援していただき、心から感謝申し上げます。
昨年は「BORDERLESS」のアルバムリリースツアーが途中で中止となってしまいましたが、
作品としてリスナーのファンに寄り添えるよう年間“二枚目のアルバム”を作ること、
そして、年末には初のZepp DiverCity公演という目標のもとに音楽活動を行ってきましたので、
こうして再びツアーを見合わせることになってしまい、僕たちも残念な気持ちでいっぱいです。
でも、今はスタッフと夏季以降のライブ開催に向けて既に準備を始めていますので、
また会えるのが少し先になりましたが、みんなに会えた時には、
この時期のことを笑顔で振り返るくらい最高のライブが出来たらいいなと思ってます!
僕らも日々頑張りますので、皆さんもどうかお元気で!
またお会いできる日を楽しみにしています。

雨のパレード 福永浩平 山﨑康介 大澤実音穂

この記事をツイート

この記事の関連情報