Ayane Yamazaki「魔法をおしえて」で脚光を浴びるもうひとつのシティポップ

ツイート

Ayane Yamazakiの「魔法をおしえて」が、いま世界中の若いニッチなリスナーの間でジワジワきている。

その背景には、1980年代の日本のシティポップが世界中でヒットしているという現状がある。大貫妙子のアルバム『SUNSHOWER』をきっかけに、1970年代、1980年代の日本のシティポップに脚光があたり、最近では松原みきのデビュー曲『真夜中のドア』が世界中でブレイク。当時を知らない若いリスナーたちの新しいジャンルとなった。

そんなディスカバリー的シティポップの盛り上がりとは別に、ニッチな日本の音楽が新しい道を開拓している。

2020年、イギリスのAWALよりリリースしたAyane Yamazakiのシングル『魔法をおしえて』(英題:MAHOU O OSHIETE)が、ドイツのラジオ・ステーション RadioTFSCのデイリー・チャートで2021年2月23日付けで第1位になった。Radio TFSCはインディー音楽を中心とした有力ステーションで、2020年12月にはAyane Yamazakiのオリジナル曲『眠りの理由』(英題:Sleep to Dream)も第1位になった。

Ayane Yamazakiは現在22才のラウンジ音楽のアーティスト。17才の時に<FUJI ROCK FESTIVAL>に出演し、2019年10月にファーストアルバム『LIFE』をイギリスのレーベルAWALより全世界配信リリース。欧米、オセアニア、カナダ、南米、アフリカetc、世界各国のメディアやDJ、インフルエンサー等に取り上げられ、世界中のニッチなオルタナティブ・リスナーたちの間で話題になる。1990年代に世界進出して成功を収めたピチカート・ファイヴの野宮真貴はAyane Yamazakiのアルバム『LIFE』にこのようなコメントを寄せている。

「音楽の未来は、いつだって才能ある若い人が創るもの。Ayane Yamazakiの声、言葉、音楽、私は応援します!-野宮真貴」

いま世界中の若いニッチなリスナーの間でジワジワきているAyane Yamazaki「魔法をおしえて」は、大貫妙子の未発表曲のカバーで、知る人ぞ知る“80年代シティポップ 幻の名曲”と呼ばれている。

Ayane Yamazakiは大貫妙子を愛聴しており、 はじめてこの曲に出会った時、とてもいい曲で何より自分にフィットすると感じ、カバーした。

2020年11月にリリースしたアルバム『呼びかけられて』では、収録曲の半分をインストゥルメンタルで構成。日本ではめずらしい「サビのない音楽」で、同じ旋律を繰り返すことにより、聴いている若いリスナーたちをリラックスへ導く「新しい世代のラウンジ/イージーリスニング音楽」を作ることに成功した。

今後の活躍が期待される若い才能に注目したい。

リリース情報

Album『呼びかけられて』 (英題:Yobikakerarete)
1 Sign
2 海辺のチャイナガール (英題:China Girl on The Beach)
3 The Moment God Dwells
4 目覚め (英題:Wake up)
5 呼びかけられて (英題:Yobikakerarete)
6 風の谷のナウシカ (英題;Kazeno Tanino Naushika)
2020年11月25日 イギリスAWALより全世界配信リリース
この記事をツイート

この記事の関連情報