デフ・レパードのリック・アレン、自身作のエドワード・ヴァン・ヘイレンの肖像画公開

ツイート

▲画像はリック・アレンInstagramより

デフ・レパードのドラマー、リック・アレンが木曜日(2月25日)、制作中だというエドワード・ヴァン・ヘイレンの肖像画をインスタグラムで公開した。

◆リック・アレンの投稿

ドラムのスティックより絵筆を持つほうが早かったと言われるアレンは、最近、「レジェンド」と題し、ニルヴァーナのカート・コバーン、俳優のジェームズ・ディーンの肖像画を公開。エドワードの絵にも「レジェンド…制作中」とコメントしている。



このほか、彼のインスタグラムではジャニス・ジョプリン、元バンド・メイトのスティーヴ・クラークの肖像画も見られる。

アレンは2018年、『The Hype Magazine』のインタビューで、「スティーヴ・クラーク、それにジョン・レノン、ジミ・ヘンドリックスの肖像画を描いた。“レジェンド”シリーズだ」と話していた。また別のインタビューでは、「“レジェンド”を描くときは、大抵、そのアーティストの音楽を聴いている」「まずは、僕の親友だったスティーヴ・クラークから始めた」とも語っている。

Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報