YOASOBI、THE FIRST TAKEで「群青」を合唱隊を交えメディア初披露

ツイート



YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」第96回の詳細が発表された。

「THE FIRST TAKE」は、一発撮りのパフォーマンスを鮮明に切り取るYouTubeチャンネルだ。本チャンネルでは、高画質で4Kにも対応した圧倒的なクオリティを楽しめる。第96回は、2020年5月に「THE HOME TAKE」で公開された「夜に駆ける」で初めてメディアでの歌唱姿を披露し、現在動画再生数が8,500万回を超えているYOASOBIが、「THE FISRT TAKE」にAyase、ikuraの2人が揃って初登場する。今回披露するのは、人気マンガ『ブルーピリオド』(作・山口つばさ)にインスパイアされて生まれた「群青」。本楽曲は先週2月17日にストリーミング累計1億回再生を超え、またブルボン「アルフォートミニチョコレート」TVCMでもおなじみのナンバーだ。

「群青」は今回がメディア初披露であり、バンドメンバー4人と共にパフォーマンス。さらに、曲中でも印象的な合唱パートをikuraが所属するぷらそにかのメンバーが担当し、YOASOBIとぷらそにかがメディアで共演するのも初めてだ。

その模様は、本日2月26日22時よりYouTube上にてプレミア公開される。

  ◆  ◆  ◆

■YOASOBI コメント
<Ayase>
青の時代をもがきながら必死に生きる人の背中が押せたら、という「群青」に込めた想いを一度きりのパフォーマンスに全て乗せました。
あの空間にしかない緊張感、高揚感と共に楽曲のみずみずしさが沢山の方に届いてくれたら嬉しいです。

<ikura>
THE HOME TAKEから約9ヶ月が経ち、今回初めてTHE FIRST TAKEに出演させていただきました。
一回きりという緊張感の中でAyaseさん、バンドメンバー、そして”ぷらそにか”メンバーと鳴らした「群青」は一度きりの忘れられないものになりました。合唱パートでの”ぷらそにか”メンバーの歌声は大きな波のようで、でも一人一人が優しく語りかけてくれるようなそんな歌声で震えました。今回のFIRST TAKEが皆さんの過ごす日々の中で、少しでも、明日を照らす青い光となれたら嬉しいです。

  ◆  ◆  ◆

この記事をツイート

この記事の関連情報