全米アルバム・チャート、モーガン・ウォレンが7週連続1位

ツイート

今週の全米アルバム・チャート(Billboard 200)は、カントリー・シンガー、モーガン・ウォレンのセカンド『Dangerous: The Double Album』が7週連続で1位を獲得し、カントリー・アルバムにおける新たな記録を樹立した。

これまでカントリー・アルバムのリリース直後の連続1位最長記録は、ガース・ブルックスの『The Chase』(1992年)の6週間だった。

Billboard 200史上最も多く1位を獲得(非連続)したカントリー・アルバムという点では、ガース・ブルックスの『Ropin’ The Wind』(1991~1992年18週)、ビリー・レイ・サイラスの『Some Gave All』(1992年17週)、テイラー・スウィフトの『Fearless』(2008~2009年11週)、ガース・ブルックスの『The Hits』(1995年8週)、イーグルスの『Hotel California』(1977年8週)に次ぎ、ブルックスの『The Chase』(1992年7週)、テイラー・スウィフトの『Red』(2012~2013年7週)と並ぶ。

2位には、デラックス・ヴァージョンがリリースされたアリアナ・グランデの『Positions』が先週の9位から再浮上。ポップ・スモークの『Shoot For The Stars Aim For The Moon』が4位から3位に再びランク・アップした。

今週新たにトップ10入りした新作はなかったが、“エッセンシャル・エディション”が発売されたBTSの『BE』が74位から7位に大きく再浮上している。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報