ザ・フー、1967年発表『ザ・フー・セル・アウト』の112曲入りスーパー・デラックス・エディション4月23日発売

ツイート

ザ・フーが1967年にリリースした3作目にして初のコンセプト・アルバム『ザ・フー・セル・アウト』の112曲入りスーパー・デラックス・エディションが2021年4月23日(金)にリリースされることが決定した。

◆ザ・フー 関連画像


今作にはピート・タウンゼントの未発表デモ14曲を含む46曲の未発表曲を収録。CD5枚と7インチ・シングル2枚、ピート・タウンゼント他によるライナーノーツや貴重な写真が掲載された80ページのハードカバー・ブック、ポスター9枚、パンフやステッカーのレプリカ他がボックスセットに収められる。

また、このピート・タウンゼントのデモから「リリーのおもかげ」(Pictures Of Lily)、「キッズ! ドゥ・ユー・ウォント・キッズ?」、「オドロノ」の3曲が先行配信リリースされた。

1967年12月にリリースされた『ザ・フー・セル・アウト』は、のちにローリング・ストーン誌に“ザ・フー最高のアルバム”と評され、ポップカルチャー史で注目すべき年を反映したアルバムだった。

ピート・タウンゼントとマネージャーのキット・ランバート、クリス・スタンプが企画した自由なコンセプト・アルバムで、曲の合間にジングルやCMソングを挟み込み、海賊ラジオ局の放送のように形作られている。当初アルバム上に広告スペースを設けて販売するという革新的なプランがあったが、バンドが独自のジングルを作って海賊ラジオ局へ敬意を表し、大量消費に走る社会へのパロディとした。

ポップアートへのオマージュは、広告ジングルにもアルバム・ジャケットにもはっきり表れている。ジャケットを飾っているのは4枚の広告写真で、それぞれオドロノ社のデオドラント(ピート・タウンゼント)、メダック社のスポットクリーム(キース・ムーン)、チャールズ・アトラス社(ジョン・エントウィッスル)、ロジャー・ダルトリーとハインツ社のベイクドビーンズ、という役割になっている。ロジャー・ダルトリーは冷えた豆の中に長時間浸かっていたことで肺炎を起こした、という逸話も残っている。


大胆なコンセプトだけではない、その多様性を持った曲の数々にもあらためて驚かされる。全英TOP 10入りした「恋のマジック・アイ」(I Can See For Miles)、ピート・タウンゼントの“ミニ・オペラ”でミュージカルをモチーフにし、その後ロック・オペラ『トミー』に引き継がれた「ラエル」、サイケデリックな「アルメニアの空」(Armenia City In The Sky)や「リラックス」は、1960年代に書かれた最高の曲の一つとして座している。

『ザ・フー・セル・アウト』はスーパー・デラックス・エディション(CD5枚+7インチ・シングル2枚)の他、2CDデラックス・エディション、2LP(モノラル)、2LP(ステレオ)、デジタル配信の形態でリリースされる。


『ザ・フー・セル・アウト(スーパー・デラックス・エディション)』

2021年4月23日(金)発売
UICY-79437 / ¥16,000+税
試聴・予約はこちら:https://umj.lnk.to/TheWhoSellOut
【輸入国内盤仕様】【完全生産限定盤】【日本盤のみSHM-CD】
◆5CD+7インチ・アナログ盤2枚、未発表音源含む全112曲収録
◆80Pハードカバー・ブック(ピート・タウンゼントによるライナーノーツ、当時の関係者やメディアによるコメント、レア写真を掲載)
◆ポスター9枚、パンフやステッカーのレプリカ他を収納

◆各ディスク詳細:
CD 1:オリジナル・モノ・アルバム
・モノAB面及び未発表モノ・ミックス
CD 2:オリジナル・スタジオ・アルバム
・オリジナル・ステレオ・ミックス+ステレオ・ボーナス・トラック
CD 3:スタジオ・セッションズ1967/68(未発表音源)
・スタジオ・アウトテイク
・アルバム・セッションの初期テイク
・スタジオでの雑談 他
CD 4:ロード・トゥ『トミー』 
・1968年録音スタジオ・トラックのステレオ・ミックス(未発表音源含む)
・1968年のシングルAB面のモノ・ミックス(ザ・フー所蔵のオリジナル4トラック及び8トラックのセッション・テープからリミックス)
CD 5:ピート・タウンゼント・デモ
・ピート・タウンゼントのオリジナル・デモ(未発表音源、スーパー・デラックス・エディションにのみ収録)
7インチ1:Track UKシングルの複製
7インチ2:Decca USAシングルの複製

『ザ・フー・セル・アウト(デラックス・エディション)』 2021年4月23日(金)発売
UICY-15971/2 / ¥3,600+税

【日本盤のみSHM-CD】
全52曲、未発表音源4曲収録
CD1:モノ・アルバム+ボーナス・トラック
CD2:ステレオ・アルバム+ボーナス・トラック

◆ザ・フー オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報