クリス・マーティンらが本人役で出演、『グリード ファストファッション帝国の真実』公開迫る

ツイート

ファストファッションブランドを経営し、業界トップにまで上り詰めたリチャード・マクリディの栄光と転落を、イギリスを代表する奇才、マイケル・ウィンターボトムが監督・脚本を手掛けた『GREED(原題)』が邦題『グリード ファストファッション帝国の真実』(配給:ツイン)に決定した。イギリスらしい痛烈な風刺とウィットに富んだジョークをふんだんに散りばめたブラックエンターテインメントが6月よりTOHOシネマズ シャンテ他にて全国公開となる。

◆『グリード ファストファッション帝国の真実』 関連動画&画像

「グリード=強欲」の意味を持つ本作は、金と欲がすべてのリチャード・マクリディ卿のセレブレティな生活の裏に隠された、ファッションビジネスの闇を鋭い視線で暴き出す。『イン・ディス・ワールド』(02)、『グアンタナモ、僕達の見た真実』(06)で国際問題を取り上げ、それぞれベルリン国際映画祭で金熊賞、銀熊賞を受賞したウィンターボトム監督だが、今回はユーモアを織り交ぜながら経済第一主義の社会への問題提起に挑戦。各国の企業が持続可能な開発(SDGs)を取り入れ始めている昨今においてウィンターボトムは、「資本主義の移り変わりと共に、グローバル化が世界をどう変えていったのか。例えばスリランカの縫製工場で働く女性たちや、イギリスのファストファッション業界の企業買収など。これらを架空の人物を通して見ることができるのがこの作品の良さだ。」とコメント。資本主義のタブーを大いに笑い飛ばしながら楽しめる快作が誕生したというわけだ。

主人公リチャードのモデルは、昨年に破産申請をした「TOPSHOP」を始めとする複数のファストファッションブランドを保有していたアルカディア・グループのオーナー、フィリップ・グリーン卿。日焼けした肌と不自然なまでに白く輝く歯という、富裕層特有の外見に近づけるために肌を小麦色に塗り、付け歯を装着して役に臨んだのは、イギリスのカリスマ的コメディ俳優、スティーヴ・クーガン。ウィンターボトム監督作『24アワー・パーティ・ピープル』(02)の出演をきっかけに監督と交流を深め、本作で7度目のタッグとなるスティーヴが、資本主義が生んだ怪物・リチャードの生き様を皮肉たっぷりに演じている。 そしてリチャードに負けず劣らずお金に目がない元妻を『グランド・イリュージョン』のアイラ・フィッシャーが演じるほか、『24アワー・パーティ・ピープル』のシャーリー・ヘンダーソン、Netflixオリジナルシリーズ「セックス・エディケーション」の主演で注目を集めるエイサ・バターフィールドらが出演。さらにクリス・マーティン(コールドプレイ)らが本人役で出演するという音楽ファンならではの楽しみも。

人間が生きる上で欠かせない“衣食住”のひとつであるファッション。そのファッションを作っているのは一体誰なのか。マイケル・ウィンターボトム監督が贈る痛烈な笑いと衝撃の映画『グリード ファストファッション帝国の真実』は6月よりTOHOシネマズ シャンテにて全国ロードショーとなる。

『グリード ファストファッション帝国の真実』

2021年6月よりTOHOシネマズ シャンテ他にて全国公開
監督&脚本:マイケル・ウィンターボトム『24アワー・パーティ・ピープル』『グアンタナモ、僕達が見た真実』
出演:スティーヴ・クーガン『24アワー・パーティ・ピープル』、アイラ・フィッシャー『グランド・イリュージョン』、シャーリー・ヘンダーソン『24アワー・パーティ・ピープル』、エイサ・バターフィールド『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』
2019/イギリス/英語/原題:GREED/カラー/シネスコ/5.1ch/107分/映倫区分:PG12 配給:ツイン
(C)2019 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC. AND CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION

◆『グリード ファストファッション帝国の真実』 オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報