ジョン・バティステ、3月19日リリースの最新AL『ウィー・アー』より先行配信曲&ヴィジュアライザー公開

ツイート

ディズニー&ピクサーの最新作『ソウルフル・ワールド』の劇中歌とエンド・ソングを手がけ、2月28日(現地時間)に発表されたゴールデングローブ賞で作曲賞を受賞したジョン・バティステが3月19日にリリースするブラック・ポップ・アルバム『ウィー・アー』より先行曲「ショウ・ミー・ザ・ウェイ」の配信を開始し、自身のYouTubeチャンネルで同曲のヴィジュアライザーを公開した。

◆ジョン・バティステ 関連動画&画像


R&Bやソウルにインスパイアされ、爽やかにファンクする「ショウ・ミー・ザ・ウェイ」はジョン・バティステ、オータム・ロウ、キッゾによる共作で、『ザ・レイト・ショー・ウィズ・スティーヴン・コルベア』の収録で知られているニューヨークのスタジオ、エド・サリヴァン・シアターで収録された。ゲスト・ヴォーカルには、著名な作家でもあるゼイディー・スミスが参加。ZOOMを介して、ジャンルだけでなくスタジオを越えてのコラボレーションを実現させた。

本作はジョン・バティステがミュージシャンとしての基礎を築くうえで音楽的にインスピレーションを受けてきたアーティストへのラブレターとして位置づけられ、歌詞にはビートルズ、ローリング・ストーンズ、エラ・フィッツジェラルド、ビリー・ホリデイ、スティーヴィー・ワンダー、ジョナサン・マクレイノルズなどのアーティスト名が多く登場する。サウンドにおいても70年代のクラシックなR&B、ソウル、特に、アイズレー・ブラザーズ、アル・グリーン、スティーヴィー・ワンダー、スタイリスティックスなど、彼が愛聴するアーティストから受けた影響が色濃く反映された。

また今回のコラボレーション相手となったゼイディー・スミスについて、バティステは「パンデミックで自宅での生活が続くなか、よくオンラインでジャムをしていたんだ。彼女はとても才能があるシンガーで、あるセッションの後『ショウ・ミー・ザ・ウェイ』で歌ってほしいと頼んだ。歌詞にもあるように、よく2人でレコードの話で盛り上がるよ」と話している。

ジョン・バティステは「ジャズ・ミュージシャン」という肩書で広く認識されているが、3月にリリースになるアルバム『ウィー・アー』は、彼の音楽的ルーツを発展させたジャンルレスな作品で、ジャズ、ソウル、R&B、ヒップポップを横断したブラック・ポップ・アルバムとなっている。1月末に配信が開始された先行曲「アイ・ニード・ユー」はMVの公開から一ヶ月で600万回再生を突破し、大きな注目を集めている。ライヴ・パフォーマンスにも定評があり、日本盤の購入特典として最新オンライン・ライヴ『ジョン・バティステ オンライン・プレミアライヴ』の視聴チケットが同梱されると発表されたばかり。ゴールデングローブ賞の受賞で国際的な注目度は右肩上がりで、2021年の音楽シーンを代表するアーティストになること間違いなさそうだ。


『ウィー・アー』

2021年3月19日(金)リリース
UCCV-1186 ¥2,860 税込 (SHM-CD)
https://jazz.lnk.to/JonBatiste_INYPR

■収録曲
1 ウィー・アー / WE ARE
2.テル・ザ・トゥルース / TELL THE TRUTH
3.クライ / CRY
4.アイ・ニード・ユー / I NEED YOU
5.ワッチュトーキンバウト / WACHUTALKINBOUT
6.ボーイ・フッド / BOY HOOD
7.ムーヴメント11’ / MOVEMENT11‘
8.アダルトフッド / ADULTHOOD
9.メイヴィス / MAVIS
10.フリーダム / FREEDOM
11.ショウ・ミー・ザ・ウェイ / SHOW ME THE WAY
12.シング / SING
13.アンティル / UNTIL

◆ジョン・バティステ 日本オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報