安斉かれん、母の存在を描いたMV三部作ラストの作品公開

ツイート

安斉かれん初のバラード曲「キミとボクの歌」のミュージックビデオ三部作の最終章、『Music Video3-2(キミ=家族からボクへ編)』が公開された。

◆ミュージックビデオ

「キミとボクの歌」ミュージックビデオは、“キミ視点”と“ボク視点”の異なる視点から描いた合計6本の映像が順次発表されてきた。今回は“安斉かれん(=ボク)”から見た“家族(=キミ)”にフォーカスを当てた作品で、何気ない日常とその日常を温かい優しさで包み込んでくれている母親の存在が描かれている。母親役を演じたのは、女優の須藤理彩だ。


配信情報

「キミとボクの歌」
2021年2月10日(水)リリース
配信リンク:https://KalenAnzai.lnk.to/kimitobokunouta

「キミとボクの歌(ピアノShort Ver.)」
2021年1月27日(水)リリース
配信リンク:https://KalenAnzai.lnk.to/kimitobokunouta_piano

「キミとボクの歌」ミュージックビデオ三部作情報

【友達編】
『キミとボクの歌 / Music Video 1-1(ボクからキミ=友達へ編)』
『キミとボクの歌 / Music Video 1-2(キミ=友達からボクへ編)』

【恋人編】
『キミとボクの歌 / Music Video 2-1(ボクからキミ=恋人へ編)』
『キミとボクの歌 / Music Video 2-2(キミ=恋人からボクへ編)』

【家族編】
『キミとボクの歌 / Music Video 3-1(ボクからキミ=家族へ編)』
『キミとボクの歌 / Music Video 3-2(キミ=家族からボクへ編)』

【番外編】
『キミとボクの歌 / オリジナムルムービー(伊藤桃々ver.=恋人編)』
『キミとボクの歌 / オリジナムルムービー(伊藤桃々ver.=友達編)』
『キミとボクの歌 /オリジナムルムービー(伊藤桃々ver.=SNS編)』
『キミとボクの歌 /オリジナムルムービー(伊藤桃々ver.=自分編)』

この記事をツイート

この記事の関連情報