AWA、音楽×チャットで楽しむオンライン交流サービス「LOUNGE」正式提供開始

ツイート

サブスクリプション型音楽配信サービス・AWAが3月9日、同じ空間で同じ音楽を楽しみながらチャットができるオンライン空間「LOUNGE(ラウンジ)」のiOS版アプリの正式提供を開始した。

◆告知画像

LOUNGEはオンライン上のカラオケルームのような体験を提供するオンライン空間で、「みんなで聴きたい曲のリクエスト」「チャット」「フリータップ-スタンプ」機能を用いて他のユーザーと交流ができるサービス。無料でも利用することが可能で、同じ部屋に入室したユーザー同士で好きな音楽の流し合いや語り合いを楽しむことができる。


ベータ版ではイベントを不定期で開催し、新譜特集や音楽ジャンルごとのイベントのほか、大塚 愛、大比良瑞希、Paradox Liveなど、多数のアーティストとのコラボも実施。多くのユーザーが参加し、急上昇チャートの上位をLOUNGEで流れた曲で独占するなどの反響があったという。

今後はAndroid版アプリ、Webブラウザでも提供予定。4月には一般ユーザーが自由にLOUNGEを開催できる機能開放を予定している。

AWA CEO 冨樫晃己 コメント

AWAは2015年5月よりサービスを開始し、今では8,000万曲以上の世界中の楽曲をお届けしています。「たくさんの曲を聴ける」という便利さだけでなく「心を震わせる体験」を提供したいという想いから、“ユーザープレイリスト”、“コメント機能”、“FOR YOU”、“Lyric Dive”といった、アーティスト・音楽家・リスナーなど音楽を取り巻く様々な人々の、想いやストーリーに触れながら楽しむという新しい音楽体験を提供してきました。今回の『LOUNGE』では、これまでAWAで提供してきた体験を集約し、「聴くだけではない音楽の楽しさ」をオンライン上でも最大限に体験できる空間を目指しました。友達と昔の思い出を語りあいながら懐メロを楽しむように、ライブ会場で大勢のファンとともに熱気を感じ合うように、「同じ空間で、同じ音楽を、同じ時間で共有する体験」を心ゆくまで楽しんでいただけたらと思います。
この記事をツイート

この記事の関連情報