ギーザー・バトラー「Deadland Ritualは死んだ。ウイルスにとどめを刺された」

ツイート

ギーザー・バトラーは、ブラック・サバスの活動終了後、元ガンズ・アンド・ローゼズ/ヴェルヴェット・リヴォルヴァーのマット・ソーラム(Ds)、ビリー・アイドルのギタリスト、スティーヴ・スティーヴンス、元アポカリプティカのフランキー・ペレス(Vo)と結成したバンドDeadland Ritualが解散したことを認めた。

バトラーは、『Trunk Nation With Eddie Trunk』のインタビューで、「Deadland Ritualは死んだ」と話した。「このウイルスにとどめを刺された。俺ら、12か13曲作ってて、昨年の3月にスタジオに入るところだったんだ。でも、全てが閉鎖した。マットが脱退し、スティーヴは肺かなんかの持病があり、ウイルスのせいで家を出られない。俺らは再開できなかった。来年やるかどうかもわからない」

ギーザーはベースをプレイし、リフ、曲などを作っているが、それらをこの先、何に使うかはまだ決めていないそうだ。

Deadland Ritualは2018年終わりに「Down In Flames」、2019年に「Broken And Bruised」と2枚のシングルを発表し、同年5月にアメリカで初ライヴを行った後、ヨーロッパ各国のフェスティヴァルにも出演した。公演ではオリジナル・ソングに加え、ブラック・サバスやヴェルヴェット・リヴォルヴァー、ビリー・アイドルの曲をプレイしていた。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報