吉田山田、JA全農【国産米消費拡大キャンペーン】ソング「ひとつぶ」を3/19配信スタート

ツイート

吉田山田が、新曲「ひとつぶ」を3月19日(金)に配信リリースする。

「ひとつぶ」は、JA全農(全国農業協同組合連合会)が企画する、国産米消費拡大キャンペーン『NO RICE NO LIFEプロジェクト』のために書き下ろした楽曲だ。同プロジェクトでは、お米に関心を持ってもらうために、国産米の消費拡大に繋がる情報発信など、様々な取り組みを行っている。

そして今回、「お米をもっと好きになってほしい!、もっと楽しんでほしい!」という思いのもと、【お米・ごはん】をテーマに、吉田山田と兼松 衆が「ひとつぶ」を書き下ろした。

ジャケット写真は、メンバーの山田義孝が今回の楽曲をイメージして描いたイラストとなっている。楽曲とともに楽しんで欲しい。

昨年2020年11月にパパイヤ鈴木氏が振付・出演しているムービーが公開され、その中で「ひとつぶ」を聴くことができたが、音源としては待望のリリースとなる。


■配信シングル「ひとつぶ」
2021年3月19日(金)配信リリース

■NO RICE NO LIFEプロジェクト

https://noricenolife.jp/hitotsubu
JA全農 (全国農業協同組合連合会)が企画する「お米をもっと好きになってほしい!、もっと楽しんでほしい!」
という思いの国産米消費拡大キャンペーン

■兼松衆プロフィール
作・編曲家、ピアニスト。
NHKスペシャル「食の起源」、テレビ朝日開局60周年記念ドラマ「白い巨塔」を担当するなど数々の映像作品を手がけ、さまざまな著名歌手への楽曲提供など、ジャンルを問わず幅広いフィールドで音楽活動を展開している。

◆吉田山田 オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報