いきものがかり「SAKURA」を題材に全国の中高生がつくったMV完成

ツイート


いきものがかりのメジャーデビュー楽曲「SAKURA」を題材に、小中高生を対象としソニーのエンタテインメントとテクノロジーを活用したプログラム「エンタメのブカツ 2021」で制作を進めていたミュージックビデオが完成した。

全国の中高生から募集した大切な人への思いを込めて「SAKURA」を歌っている歌声動画と、歌詞の一節である「君が くれし 強き あの言葉」をテーマにしたメッセージを、全国から選ばれた中高生クリエイター6名が、コロナ禍という制限された環境の中ですべてオンラインでミュージックビデオとして仕上げた。いきものがかりデビュー15周年の記念の日でもある3月15日(月)に、“全国の中高生みんなの卒業制作”として「エンタメのブカツ 2021」公式サイト内で発表された。





また発表当日には、全国のソニーストアで開催中の『いきものがかり「WHO?」Special Experience in Sony Store』内で展示されている「エンタメのブカツ卒業制作展」を見学するためにソニーストア銀座を中高生クリエイターが訪問し、そこへいきものがかりの水野良樹がサプライズで登場。完成したミュージックビデオを一緒に視聴した後、水野は、「いきものがかりのデビュー曲である『SAKURA』が15年経って自分たちだけのものではなく、みんなの曲になったことがとても嬉しかったです。皆さんの作品は完成しましたが、ここからが皆さんのスタート。自分だけの物語を立ち上げるのはとても難しいと思いますが、皆さんはそれをやり遂げる力を持っているので、これからもぜひ新たな物語に挑戦していってください」とコメントした。また作品を完成させた中高生クリエイターは、「自分が作品を見るだけではなく影響を与える側になる方がよほど楽しいということが分かったので、これからも映像制作に挑戦していきたいと思います」と将来の夢を語った。







「エンタメのブカツ 2021」公式サイトでは、作品を完成させるまでの中高生クリエイターの奮闘の様子やインタビューを動画にまとめた「みんなの卒業制作物語~DOCUMENTARY OF エンタメのブカツ~」のEPISODE 1:制作編、EPISODE 2:完成編を公開中。また、作品完成後に初めてリアルでの対面を果たした6名のクリエイターたちの様子や、水野良樹との交流の模様をまとめたEPISODE 3を3月26日(金)に公式サイト内で公開予定だ。





『いきものがかり「WHO?」Special Experience in Sony Store』概要


開催日程 3月15日(月)~4月4日(日)
開催場所 ソニーストア 銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神
ソニーが開発中のVolumetric Capture(ボリュメトリックキャプチャ)技術※や5G対応Xperia™ スマートフォン等の製品を用いて、ここでしか出来ない映像・音楽の体験をいきものがかりの作品と共に展開します。
*ボリュメトリックキャプチャ技術は、実世界空間をまるごと撮りこみ、後から自由に視点を動かして視聴することを可能にする自由視点映像技術の一つです。
公式HP:https://www.sony.jp/store/retail/event/ikimonogakari 

この記事をツイート

この記事の関連情報