イヤーズ&イヤーズ、オリー・アレクサンダーのソロ・プロジェクトに

ツイート

イヤーズ&イヤーズは木曜日(3月18日)、マイキー・ゴールドスワシー(B)とエムリ・タークメン(Syn)が脱退し、オリー・アレクサンダー(Vo)のソロ・プロジェクトとなったことを発表した。

◆イヤーズ&イヤーズ画像

彼らはSNSを通じ、「親愛なるY&Yファンたち」へ向け、「みんなに知って欲しい変化がいくつかあった」と始まる声明を出した。「この先リリースするニュー・アルバムはオリーが尽力してきたもので、僕らは、イヤーズ&イヤーズはオリーのソロ・プロジェクトとして継続していこうとの決断を下した。僕ら3人は今でもいい友達だ。マイキーはこれからもY&Yファミリーの一員でライヴで僕らとプレイする。エムリは作曲家/プロデューサー業に専念することになる」

「この12ヶ月は僕らみんなにとってクレイジーだった。この数年(&数年)君たちが僕らに与えてくれた愛と支援に感謝したい。Y&Yの新しい音楽はこの春リリースする」



イヤーズ&イヤーズは2010年に結成され、当初はメンバー5人だった。2013年に2人が脱退し、3人で2015年にファースト・アルバム『Communion』を発表。全英1位に輝いた。オリー、マイキー、エムリの3人体制のまま2018年にセカンド『Palo Santo』をリリースしており、新作はイヤーズ&イヤーズとして3枚目のスタジオ・アルバムとなる。ツアーにはドラマーとバッキング・ヴォーカリストが加わり、開催されてきた。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報