バーチャル音楽ライブ<スタライ>から紐解く『あんスタ』の魅力

ツイート

マンガや画面の中に生きるキャラクターに恋し、この薄っぺらい平面の中の世界に自分も入り込んでしまいたい、いや、一度でいいから直に会って話してみたい──そんな願いを抱いた経験は無いだろうか? 筆者はある。中学生のとき、せめて夢の中で会いたいと、某スポーツマンガの切り抜きを枕の下に忍ばせて、部屋の掃除をしていた母親に見つけられたときの身悶えるような羞恥は、今でも克明に胸に刻まれている。

◆Blu-ray/DVD『あんさんぶるスターズ!DREAM LIVE -4th Tour“Prism Star!”-』場面写真

そして数十年が経って元号も世紀も跨いだ今、そんな“決して叶わぬ”夢物語を、ここまで理想的な形で実現してくれる世界があるのかと驚嘆した出会いがあった。それが3月14日に発売されるや、オリコンデイリーランキングのBlu-ray/DVD部門で首位を獲得した『あんさんぶるスターズ!DREAM LIVE -4th Tour“Prism Star!”-』である。『あんさんぶるスターズ!!』(以下『あんスタ!!』)は2015年にリリースされた、いわゆるアイドル育成ゲームだ。

多種多様なヴィジュアルとパーソナリティを持つキャラクターたちが大挙登場し、誰もが自分好みの“推し”を見つけて成長を楽しむことができるのが育成ゲームの魅力だが、『あんスタ!!』で育ててゆくのは歌って踊るアイドル。2020年にはまさにアイドルたちが歌って踊る姿を映した美麗ミュージックビデオとリズムゲームを楽しむことができる『あんさんぶるスターズ!! Music』もリリースされ、更なる飛躍を見せている。


次々と膨らむストーリー展開に沿って多彩なアイドルユニットが新たに登場し続け、これまでにコミック、小説、アニメ、舞台と、幅広いメディアミックスを行ってきた。その極めつけとも言えるのが、バーチャル音楽ライブ<あんさんぶるスターズ!DREAM LIVE>、通称<スタライ>である。

その最新映像作『あんさんぶるスターズ!DREAM LIVE -4th Tour“Prism Star!”-』は、2019年11月に幕張メッセで開催されたライブをノーカットで収録したもの。『ver.REFRACT』に『ver.SCATTER』と出演者やセットリストの異なる2パターンの公演が行われ、合計9ユニット32名が出演している。

『あんさんぶるスターズ!!』というタイトルは知っていたものの、<スタライ>初見の筆者がまず驚いたのは、広大な幕張メッセのフロアを埋め尽くし、ペンライトを振りながらキャラの名をコールするオーディエンスの熱狂という、今や貴重に過ぎる光景。そして、2次元のフォルムや等身バランスを完全に保ったまま、3次元の空間で歌い踊るキャラクターたちのなめらかなモーションと、影までスクリーンに映し出す彼らのリアルすぎる存在感だ。


2次元コンテンツの3次元化というと、従来は声優や新たに俳優をキャスティングしての“2.5次元化”が主流であったが、現在はキャラクターCGやモーションキャプチャーなどの最新技術によって、2次元を2次元のまま3次元に登場させる手法が確立しつつある。特に音楽を媒介とした“ライブ”の場合、歌、ダンス、MC……全ての要素を一流のクリエイターが務めることで、クオリティにおいてもヴァラエティにおいてもパーフェクトなステージを生み出すことができるというメリットは大きい。


しかも単に映像を垂れ流すのではなく、ステージから手を振ってくれたり、オーディエンスとコール&レスポンスをする等、まさに“一期一会”のパフォーマンスを実現してくれるのだから、ファンにとってこんなに嬉しいことはないだろう。2017年の<スタライ>初開催時は、あまりのリアルさでファンを動揺と感動の涙に暮れさせ、回を追うごとに動員を増やしてきたというのも納得だ。

同じような手法でライブを行っているコンテンツは他にもあるが、<スタライ>において特筆すべきは“生演奏”である。ステージの両側に生バンドが陣取り、キャラクターたちのパフォーマンスに合わせて生演奏しているのだから、その臨場感は半端ない。ミュージカルなどの舞台演劇でも、生バンドの入る劇場や演目はごく僅かだが、そんな贅沢な仕様も二次元の彼らに三次元の温もりを与えることに一役買っている。何より同期や打ち込みが全盛の今、あえて生楽器が活きる楽曲を生み出し続けているところに、アイドル育成ゲームである『あんスタ!!』における音楽へのこだわりぶりが窺えるというものだ。


そうしてステージ上で確固たる存在感を示す楽曲たちが、ユニットごとに明確に色分けされているのも、『あんスタ!!』の個性であり<スタライ>の大きな魅力だ。正統派アイドルから、セーラー襟の似合うファンシーユニット、騎士道精神にあふれた優美な5人組、幸せの魔法をかける奇抜なショウユニット、アクロバットを繰り出す双子のテクノポップデュオなど、今作に参加している9ユニットだけでも個性がしっかりと作り込まれている上、見事にバラバラ。それぞれの持ち曲もそれに見合ったジャンル/曲調/詞世界になっており、聴けばどのユニットの曲か一発でわかるほど、クッキリと差別化されている。



例えば、硬派な空気を漂わせる和風ユニット“紅月”は笛や琴、三味線といった和楽器の音を散りばめた楽曲で剣扇舞を披露し、ウエットな日本的情緒の表現では定評のあるロックバンド・SIDのマオとShinjiが提供した「薄紅色の約束」との相性もピッタリ。正義の戦隊系アイドルユニット“流星隊”は、そのまま“ニチアサ”に使えそうなキッズ受けのいいヒーローソングを放ち、背徳感を全面に押し出したユニット“UNDEAD”は、ヴィジュアル系を彷彿させる過激なロックチューンで「愚民ども!」と吠えるのだから振るっている。



アーティスティックで格調高い二人組ユニット“Valkyrie”に至っては、ALI PROJECTの宝野アリカと片倉三起也が作詞・作曲した「魅惑劇」でマリオネットのように蠢き、難解な世界観を醸して特異なオーラを不穏に放出。今にも崩れ落ちそうな不協和音ギリギリのラインを奏でるヴァイオリンの音色も実にゴージャスで、生演奏のアドバンテージを如何なく発揮してみせるのが爽快だ。

また、各ユニットにはイメージカラーが設定されており、ステージ上のユニットが入れ替わるたび、客席のペンライトが一斉に色を変えるのも壮観。客席から湧くコールの一体感も凄まじく、加えて、複数のユニットによるコラボパフォーマンスなど、3次元アーティストのイベントでもおなじみの趣向を取り入れることで、より実在感を際立たせていたのも見逃せない。


ただ、基本的にどのユニット曲にも共通しているのは、終始キャッチーであること。そんな『あんスタ!!』楽曲の核とも言えるエレメントが最も端的に表れているのが、ストーリーの軸になるとも言える正統派アイドルユニット “Trickstar” の楽曲だ。等身大を信条とする彼ららしく、奇をてらうことなく仲間やファンへの想いを歌い、未来を信じて決意を語る姿は清々しいほどに真っ直ぐ。アンコールの最後、銀テープが飛ぶなか「ONLY YOUR STARS!」で“輝きたかったんだ”と力強く繰り返す様からは、確かな“生”の波動が感じられた。


彼らは皆、それぞれに細かい設定とストーリーを背負っている。だが、そんな予備知識など無くとも、1曲観るだけでユニットの世界観や各メンバーのパーソナリティを掴めるのが<スタライ>のアドバンテージ。そこからお気に入りのユニットやメンバーを見つけたが最後、それぞれのバックグラウンドへの想像をかき立てられ、さらに深い沼へと自動的に引きずり込まれてゆくのではないだろうか。


リリースから既に5年が経ち、『あんさんぶるスターズ!!』の名前は知っていても乗り遅れてしまった、今さら勉強するのはハードルが高いと、二の足を踏んでいるのだとしたら、ぜひ、この<スタライ>から入ってみることをお勧めしたい。その先には夜見る夢に一縷の望みを賭けなくとも、“理想の彼”と実際に相まみえることができる至福の瞬間が、待っているのかもしれないのだから。

文◎清水素子

(C)2018 Happy Elements K.K/スタライ製作委員会

Blu-ray BOX『あんさんぶるスターズ!DREAM LIVE -4th Tour “Prism Star!”-』


発売日:2021年3月14日(日)

品番:FFXG-9003
JANコード:4589644752620
価格:¥18,000+税

発売元:フロンティアワークス・Happy Elements
販売元:フロンティアワークス

キャスト
【ver.REFRACT】
Trickstar:氷鷹 北斗、明星 スバル、遊木 真、衣更 真緒
UNDEAD:朔間 零、羽風 薫、大神 晃牙、乙狩 アドニス
流星隊:守沢 千秋、深海 奏汰、南雲 鉄虎、高峯 翠、仙石 忍
2wink:葵 ひなた、葵 ゆうた
Ra*bits:仁兎 なずな、天満 光、真白 友也、紫之 創
Valkyrie:斎宮 宗、影片 みか

【ver.SCATTER】
Trickstar:氷鷹 北斗、明星 スバル、遊木 真、衣更 真緒
紅月:蓮巳 敬人、鬼龍 紅郎、神崎 颯馬
Knights:月永 レオ、瀬名 泉、朔間 凛月、鳴上 嵐、朱桜 司
Switch:逆先 夏目、青葉 つむぎ、春川 宙
Ra*bits:仁兎 なずな、天満 光、真白 友也、紫之 創
Valkyrie:斎宮 宗、影片 みか

収録内容
【DISC-1】
収録内容:あんさんぶるスターズ!DREAM LIVE -4th Tour “Prism Star!”- [ver.REFRACT] 2019.11.16 幕張メッセ

01.Love Ra*bits Party!!/Ra*bits
02.Joyful×Box*/Ra*bits
03.魅惑劇/Valkyrie
04.Mémoire Antique/Valkyrie
05.夢ノ咲流星隊歌/流星隊
06.天下無敵☆メテオレンジャー!/流星隊
07.ハニーミルクはお好みで/UNDEAD
08.Melody in the Dark/UNDEAD
09.Rebellion Star/Trickstar
10.虹色のSeasons/Trickstar
11.シュガー・スパイス方程式/2wink
12.TRICK with TREAT!!/2wink with UNDEAD
13.Last Lament/Valkyrie
14.Milky Starry Charm/Ra*bits
15.メルティ♡キッチン/Ra*bits
16.歓迎☆トゥ・ウィンク雑技団/2wink
17.Play “Tag”/2wink
18.聖少年遊戯/旧Valkyrie
19.Gate of the Abyss/UNDEAD
20.Break the Prison/UNDEAD
21.アンリミテッド☆パワー!!!!!/流星隊
22.SUPER NOVA REVOLU5TAR/流星隊
23.Infinite Star/Trickstar

ENCORE
24.DIAMOND SUMMER/Trickstar
25.ONLY YOUR STARS!/Trickstar

【DISC-2】
収録内容:あんさんぶるスターズ!DREAM LIVE -4th Tour “Prism Star!”- [ver.SCATTER] 2019.11.17 幕張メッセ

01.Love Ra*bits Party!!/Ra*bits
02.Joyful×Box*/Ra*bits
03.魅惑劇/Valkyrie
04.Mémoire Antique/Valkyrie
05.Voice of Sword/Knights
06.Fight for Judge/Knights
07.祭夜絵巻/紅月
08.Rebellion Star/Trickstar
09.虹色のSeasons/Trickstar
10.Knockin' Fantasy/Switch
11.イースター・カーニバル/Switch
12.Last Lament/Valkyrie
13.Milky Starry Charm/Ra*bits
14.メルティ♡キッチン/Ra*bits
15.エメラルドプラネット/Switch
16.Temptation Magic/Switch
17.聖少年遊戯/旧Valkyrie
18.斬 -決意ノ刃-/紅月
19.百花繚乱、紅月夜/紅月
20.薄紅色の約束/紅月
21.Grateful allegiance/Knights
22.Knights the Phantom Thief/Knights
23.Infinite Star/Trickstar

ENCORE
24.DIAMOND SUMMER/Trickstar
25.ONLY YOUR STARS!/Trickstar

【DISC-3】※Blu-ray BOXのみに同梱
収録内容:映像特典を収録

◆【Blu-ray BOX】あんさんぶるスターズ!DREAM LIVE -4th Tour “Prism Star!”-
◆あんさんぶるスターズ!DREAM LIVE オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報