カーク・ハメット、ピーター・グリーンのギターにインスパイアされたコーヒーを製造

ツイート

メタリカのギタリスト、カーク・ハメットが、米カリフォルニアにあるコーヒー・ショップMuddy Waters Coffee Companyと提携し、元フリートウッド・マックのピーター・グリーンが愛用していたギター(1959 Les Paul)にインスパイアされたというスペシャル・ブレンドコーヒー『Greeny Blues Blend』を製造した。2,500袋が限定販売される。

◆カーク・ハメット画像、動画

ハメットは水曜日(3月24日)、『Greeny Blues Blend』の誕生を知らせるCM風の映像をSNSに投稿した。コーヒーと音楽で気持ちよく1日をスタートさせたいという彼が、水辺でギターを弾きながら『Greeny Blues Blend』を楽しむ姿が見られる。

『Greeny Blues Blend』はフルボディのダーク・ローストで、ブラック・コーヒーで飲むのがお薦め。1日中ジャムし続けられるようなパンチがあるという。



ハメットは、グリーンが愛用し“Greeny”として知られたギター1959 Les Paulの現オーナーで、昨年1月、それを持ってグリーンの家を訪問。グリーンは亡くなる数ヶ月前に、47年ぶりにギターと再会することになった。『Greeny Blues Blend』のパッケージにはそのギターがフィーチャーされている。

コーヒー好きのハメットは2017年、Dark Matter Coffeeとコラボし「Ghoul Screamer (KHDK Limited Blend) 」というブレンドコーヒーを限定販売したこともある。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報