日向坂46、ファンと一緒に作り上げた<春の大ユニット祭り>開催

ツイート

日向坂46が、3月26日に<春の大ユニット祭り“おひさまベスト・プレイリスト2021”>を開催した。このイベントは、「日向坂46 デビュー2周年記念Special 2days」の初日公演として行われたもので、前身のけやき坂46(ひらがなけやき)時代の楽曲を含む全ユニット曲が一挙に披露された。

今回のイベント開催にあたっては、事前に「おひさま」(日向坂46のファンの総称)から好きなユニット曲を募集。それをもとに“おひさまベスト・プレイリスト2021”を作成して、テーマごとに楽曲のパフォーマンスが行われた。さらに、ファンの見たい組み合わせで新ユニットを結成し、このイベントのために書き下ろされた楽曲を歌うという豪華なパートもあった。

日向坂46は、ファンタジー感のあるストーリー仕立てのライブに定評があるが、今回は“おひさまと一緒に作るイベント”という今までにない趣向が試みられた。

オープニングは“天の声”の呼び込みでメンバーが登場。グループの冠番組「日向坂で会いましょう」のナレーターである阿座上洋平が天の声となってイベントをサポートした。

まずは、キャプテンの佐々木久美が「皆さんのおかげで、明日、デビュー2周年を迎えます!」と元気よく挨拶。今回は、メンバーの富田鈴花が体調不良のため欠席することになったが、代わりに昨年秋から休業していた宮田愛萌が復帰。メンバー達から「まなも、おかえりー!」と声をかけられると、「またみんなと一緒に頑張りたくて戻ってきました」と笑顔で語った。さらに、「おひさまの皆さん、大好きです」とウィンクを決め、得意の“ぶりっ子”の健在ぶりも見せつけた。





プレイリストの最初のテーマは、「大切な人にプレゼントしたい曲」。このパートでMCを務めたのは、佐々木美玲、高瀬愛奈、河田陽菜、濱岸ひより、宮田愛萌の5人。ノミネート曲を紹介しながら、美玲が「最近おひな(河田)に、『2年前のプレゼントのお返しです』って言ってプレゼントをもらいました」と明かすなど、テーマに沿ったトークを繰り広げた。

今回のライブでは、楽曲の披露中、画面上に「この曲を大切な人に聞いてほしいから」といったファンの声が流されるとともに、MC席で盛り上がるメンバーもワイプで映るという、まるで歌番組のような演出がなされた。

1曲目の「ママのドレス」は、けやき坂46時代に生まれたグループ初のユニット「りまちゃんちっく」(潮紗理菜、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、高本彩花)がパフォーマンス。続いては同級生の仲良しコンビ・金村美玖と小坂菜緒が、クールに「See Through」を歌った。そして富田鈴花、松田好花による「花ちゃんず」の「まさか 偶然…」では、モニターに映る富田の映像とともに、松田が弾き語りで美声を聴かせた。

次のテーマに移る前に、メンバーの上村ひなのが千羽鶴を数える映像が流された。これは、昨年病気のため入院していた松田のために、メンバーやスタッフが千羽鶴を折った時の模様だ。昨年7月の配信ライブ以来、残念ながら22人の全メンバーがライブで揃ったことはないが、休養中のメンバーを思いやるグループの愛情が感じられる映像だった。

そして、「おひさまになったキッカケの曲」というテーマへ。MCの影山優佳、東村芽依、金村美玖、上村ひなの、山口陽世が、ここで披露される楽曲を予想する。そして、上村の母が加藤史帆の生写真をずっと眺めていることや、影山の家族はみんな佐々木美玲推しだというプライベートな情報も明かされた。

このテーマでは、小坂菜緒、丹生明里、渡邉美穂による「キレイになりたい」、再びりまちゃんちっくによる「沈黙した恋人よ」が披露された。「キレイになりたい」は、約2年前にリリースされたけやき坂46の1stアルバム「走り出す瞬間」に収録された曲で、あれから成長した二期生の3人が大人っぽく歌った。

続くテーマに行く前に、乃木坂46のキャプテン・秋元真夏からの動画メッセージがサプライズで流された。「いつも日向坂46の活躍を見させていただいています。たくさんの皆さんをハッピーオーラで満たしてください」という応援の言葉をもらい、舞台上にいるメンバーは感激していた。

MCでは、高瀬愛奈、河田陽菜、丹生明里、濱岸ひより、髙橋未来虹が、いつもカラオケで歌う曲などを語り合った。河田と濱岸は、一緒にカラオケに行っても別々の部屋で歌うという、ふたりらしい不思議な行動を明かしていた。





このテーマで最初に披露されたのは、一期生の加藤史帆、二期生の渡邉美穂、三期生の上村ひなのが三者三様の声で歌い上げる「やさしさが邪魔をする」。続く「線香花火が消えるまで」は、金村美玖、松田好花がトロッコに乗って登場し、軽やかにパフォーマンスした。そして「きずなーず」を名乗る加藤史帆、齊藤京子、佐々木美玲は、「どうして雨だと言ったんだろう?」を力強い声とキレのあるダンスで披露した。

ライブ中盤となる4番目のテーマは「聴いたらナゼかお腹がすく曲」。MCの影山優佳、金村美玖、渡邉美穂、上村ひなの、森本茉莉によると、「メンバーの中で一番食いしん坊だと思う人」は「みーぱん(佐々木美玲)」だという声が上がっていた。

ここで流れたのは、タイトルに食べ物の名前が入っている数少ない曲のひとつ「ハロウィンのかぼちゃが割れた」。三度りまちゃんちっくが登場するが、途中、MC席の5人も参加してパフォーマンスが行われた。そしてドラマ「DASADA」から生まれたユニット「FACTORY」(東村芽依、河田陽菜、松田好花)が「ナゼー」を歌唱。日向坂46の楽曲では珍しいエレクトロサウンドに乗せて、軽快なダンスを見せた。

ここで中継により、三期生の4人が会場に届いた祝花を紹介。多数のメディアや関係者から祝花が届いていたが、中には内村光良やサンドウィッチマン、「日向坂で会いましょう」の司会を務めるオードリーの花もあり、メンバーたちが感謝の言葉を述べていた。

後半の最初のテーマは「〝ここ一番〟の時に聴きたい曲」。ここでは潮紗理菜、齊藤京子、佐々木久美、高本彩花、小坂菜緒がMCを務め、それぞれここ一番に聴く曲などを語り合った。




最初に披露されたのは、ダンサブルな楽曲「ノックをするな!」。加藤史帆、高瀬愛奈、東村芽依、渡邉美穂がクールな表情で運動量の多いパフォーマンスを見せる。続いてセンチメンタルな曲調の「三輪車に乗りたい」。この曲は佐々木美玲と、卒業した柿崎芽実のふたりが歌っていた楽曲だが、今回は柿崎の代わりに濱岸ひよりが担当した。濱岸は緊張を感じさせず、美玲と笑顔で見つめ合いながら楽曲を歌い終えた。そして再びクール路線の「Cage」。大きな鳥かごの映像をバックに、東村芽依、金村美玖、河田陽菜、丹生明里が情熱的に踊った。

次のコーナーは、この日の目玉企画とも言える「あなたの見てみたいユニット」。MCは加藤史帆、高瀬愛奈、松田好花、上村ひなのが務め、ここで登場するのはファンの投票をもとに決められた新ユニットであることや、好評だった1曲はMVの制作を予定していることが発表された。

まず最初の新ユニットは、ともに2002年生まれの金村美玖、小坂菜緒、濱岸ひよりによる「2002年組」。披露した新曲「もうこんなに好きになれない」は、少し懐かしい気持ちになるラブソング。歌唱後、金村は「同い年で同期で、接点が多い3人だったので、嬉しいです」と語った。2曲目はグループ結成当初から仲がいいことで知られる高本彩花、東村芽依の「あゃめぃちゃん」コンビによる「夢は何歳まで?」。普段のゆるい雰囲気とは打って変わって、革ジャンを羽織り大人っぽく歌った。高本は「皆さんの力で夢がかなって嬉しいです」とコメントした。そして最もリクエストが多かったという、佐々木美玲と彼女を慕う河田陽菜、濱岸ひより、山口陽世の「みーぱんファミリー」は、温かい気持ちになる青春ソング「酸っぱい自己嫌悪」を披露した。母親のように他の3人の面倒を見ているという美玲は、「こうして子供たちと一緒に曲を披露できてとっても嬉しいです」「この子達が生まれたときから仲良しです」と堂々と話していた。

続いてのテーマは「ハッピーオーラが満タンになる曲」。MCは潮紗理菜、高本彩花、丹生明里、宮田愛萌、渡邉美穂が担当。宮田は、「本屋さんで本をレジに出す瞬間」、高本は「コスメを買って、帰りにこれを使うところを想像する時」がハッピーオーラを感じると語った。

1曲目の「猫の名前」は、加藤史帆、佐々木久美が、けやき坂46時代に欅坂46のメンバーと歌っていた曲。今回は2人に加えて、上村ひなの、髙橋未来虹の4人でかわいくパフォーマンスした。次の「夏色のミュール」は、影山優佳、東村芽依、高瀬愛奈で歌唱。実は、この曲の発表当時、学業のため休業していた影山にとって、今回は初パフォーマンスになる。歌唱後、影山は前日に行われたサッカー日韓戦の感想を求められて「遠藤選手と守田選手のダブルボランチが素晴らしかったです」と解説した。このテーマの最後は、上村ひなの、髙橋未来虹、森本茉莉、山口陽世の三期生カルテットによる「この夏をジャムにしよう」。原色のスカートをひるがえしながら、元気いっぱいに踊った。

ここで櫻坂46の菅井友香からのサプライズメッセージが紹介された。菅井は、かつて欅坂46とけやき坂46として活動していた日々を振り返りながら、「お互い、けやき坂46から日向坂46に、欅坂46から櫻坂46に改名したんですけど、同じ〝坂組〟として、また一緒にライブできたらいいなと思います。今日は楽しんでください」とエールを送った。

今回のイベントの最後のテーマは「おうち時間のBGMにしたい曲」。MCは影山優佳、齊藤京子、金村美玖、松田好花。昨年の緊急事態宣言下で公開された「STAY HOME動画」がモニターに流された。この動画は、富田鈴花が作曲、丹生明里が編集を手掛け、日向坂46メンバー総出演で制作されたもの。この頃、松田は運動不足解消のためラジオ体操を日課にしており、メッセージアプリでその動画を毎日ファンに送っていたというエピソードなどが語られた。

まず1曲目は、高本彩花が初センターを務めた「Footsteps」。高本に加え、加藤史帆、佐々木久美、佐々木美玲、小坂菜緒という、いずれもファッション誌の専属モデルを務める5人による華やかなパフォーマンスが展開された。次は、河田陽菜、濱岸ひより、宮田愛萌による「割れないシャボン玉」。約1年ぶりの披露で、復帰した宮田が全力で愛想を振りまいた。

ここで全員が揃ってMC。佐々木久美がグループを代表し、「ユニット曲ってメンバーの思い入れのある曲が多いので、当時の衣装で披露できてよかったです」と感想を語った。天の声の阿座上は、「かわいいだけじゃなくて、カッコいいなと思いました」という感想を伝え、メンバーを照れさせていた。さらに、グループの冠番組にしてホームとも言える「日向坂で会いましょう」が、4月から配信サービスをスタートすることなどが告知された。

ここでメンバーに最後のサプライズ。ステージ向かいのモニターに、配信を見ている大勢のファンの映像とともに、「日向坂46 2周年おめでとう!!」というメッセージが映し出された。これに涙を浮かべるメンバーもいる中、久美は「暗くなるときってあんまりいいことないのに(笑)、こんな素敵なサプライズが待ってると思わなかった。おひさまと2周年を迎えることができてよかったです」と、こちらも涙ながらに語った。

ラストは、今回のイベントを通して最もリスエストが多かったという「窓を開けなくても」を披露。加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、小坂菜緒、渡邉美穂の6人が歌い、他のメンバーも一緒に踊って、華やかな雰囲気でフィナーレを飾った。

そしてメンバー達がステージを去った後、今回新たに制作された「STAY HOME動画」の新バージョンが流された。「早く皆さんに会いたいです」(齊藤京子)といったメンバーの思いが込められた動画は、丹生明里は編集しており、ファンにとって嬉しいサプライズになった。ファンと一緒に作った今回のイベントは、デビュー2周年を迎え、グループとおひさまの絆を改めて確認できるものになった。

写真:上山陽介

【セットリスト】

1. ママのドレス
2. See Through
3. まさか 偶然…
4. キレイになりたい
5. 沈黙した恋人よ
6. やさしさが邪魔をする
7. 線香花火が消えるまで
8. どうして雨だと言ったんだろう?
9. ハロウィンのカボチャが割れた
10. ナゼー
11. ノックをするな!
12. 三輪車に乗りたい
13. Cage
14. もうこんなに好きになれない
15. 夢は何歳まで?
16. 酸っぱい自己嫌悪
17. 猫の名前
18. 夏色のミュール
19. この夏をジャムにしよう
20. Footsteps
21. 割れないシャボン玉
22. 窓を開けなくても

「日向坂46 デビュー2周年記念 Special 2days ~MEMORIAL LIVE:春の大ユニット祭り“おひさまベスト・プレイリスト2021”~」
3月26日(金) 開演:18:30

「日向坂46 デビュー2周年記念 Special 2days ~MEMORIAL LIVE:2回目のひな誕祭~」
3月27日(土) 開演:18:30
https://www.hinatazaka46.com/s/official/page/2nd-anniversary
この記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報