米津玄師、『HIGHSNOBIETY』日本版カバーに2年半ぶりに登場

ツイート


米津玄師が、4月9日(金)に発売される雑誌『HIGHSNOBIETY』JAPAN ISSUE06の表紙に登場することが発表された。

同誌は、ドイツ・ベルリン発のメディア「HIGHSNOBIETY」の日本版として、2018年10月に創刊されたファッション誌。米津は創刊号の表紙も務めており、約2年半ぶりに同誌の表紙を飾ることとなった。

今号のテーマは、「misfits(はみ出す者)」。“今日の常識は、明日の非常識になり得る”。千変万化する時代に求められるのは、あらゆる概念にとらわれずはみ出していく力である── という概念のもと、ファッション、音楽、アートの世界を深掘りしている。

生来のアウトサイダー性と向き合いつつ、「ポップソングをつくる」という一点を追求してきた米津玄師。2020年にはコロナ禍の真っ只中で『STRAY SHEEP』というアルバムをリリースし、日本の新しい時代の金字塔を打ち立てた今、「はみ出し者」でありながら、時代のど真ん中へと躍り出た彼が、何を思い、ポップソングをつくろうとしているのか。今回、16Pの大特集が組まれる。







この記事をツイート

この記事の関連情報