【レポート】ばってん少女隊<ばってん少女隊の、田舎娘FINAL~私は私に期待大!!!~>第一部

ツイート

2021年3月28日(日)、福岡を拠点に活動を続ける5人組アイドルグループ・ばってん少女隊が、東京渋谷TUTAYA O-EASTにて、ライブ<ばってん少女隊の、田舎娘FINAL~私は私に期待大!!!~>を開催した。

◆<ばってん少女隊の、田舎娘FINAL~私は私に期待大!!!~>第一部 関連画像


昼夜2公演となったこの日、第1部は午後2時過ぎに開演。場内が暗転すると“いくぞ!but-show TIME!”のかけ声とともにSEが流れ出し、観客が手拍子で迎える中、メンバー5人がゆっくりとステージに登場、ステージ中央でフォーメーションを作ると「おっしょい!」のイントロが流れ出し、ライブがスタートした。

5人がパートを歌いつなぎながら、軽やかに踊る。Aメロが終わると、星野蒼良が満面の笑みでステージ前方を走り回りながら手を振り“今日は来てくれてありがとう! 楽しもうね!”と語りかけた。すると、感染対策で声が出せないフロアはサイリウムを振りかざして応える。“みんな一緒に!”と誘われたサビの“おっしょい!”のパートでも、本来であれば5人と一緒にコールしたいところだが、グッとこらえ、その分、思いを込めてジャンプ。無言のコール&レスポンスといったやりとりでライブは早くも熱気を帯びていった。


3曲を一気に続けたところで、ようやく自己紹介。上田理子が「実は今日、そんなに緊張してなくて。実感が湧かない。でも、蒼良はめっちゃ緊張してるよね」と口火を切ると、「一昨日から緊張してた」「寝れなかったんだよね」と口々に星野に話しかける。「でも、もう大丈夫」と星野は答えていたが、実はこの日は、先日、グループでの活動および芸能活動の終了を発表した星野のラストライブ。5人そろってのステージはこの昼夜2公演で最後となるのだ。改めて会場を見渡すと、星野のイメージカラーの青いサイリウムが多めだろうか。感傷的な雰囲気にもなりそうなものだが、5人はそんなそぶりも見せず、上田からは“がっつりやるので、みなさんも汗をかいてください!(笑)”と力強い(?)宣言も飛び出した。

希山愛の流麗なバレエ風のダンスを交えた「Just mean it!」、ビートに合わせて会場中に手拍子が鳴り響いた「Over」など3曲を披露すると、衣装の話題に。今回は「最後だから蒼良が好きな衣装を着たい」ということで星野が選んだのだという。5人はシルバー+ブラックの揃いの衣装を着ていたが、星野曰く「デザインがめっちゃ好き」なのだとか。そんないきさつを上田が説明し、「そうだよね」と星野に話を振ると、彼女は水を飲みに行っており、立ち位置におらず、会場が笑いに包まれる場面もあった。


“次はかっこいい感じ”との言葉で始まったブロックでは、「OiSa」「乙女ノ手札」など、和テイストのナンバーを連発。5人の、キレがありダイナミックなダンスをフィーチャーした曲が多く、1部のハイライトの1つといえるブロックだったように思う。

ここで本ライブの特別企画「集合写真で見るばってん少女隊の成長記録」へ。会場の壁面に掲げられたスクリーンに写真を投影し、思い出を語ろうという趣旨で、なんと星野が小学5年生のころの写真からスタートし、歴代の集合写真を時代順に映し出していった。「みんな小っちゃいね!」「指のポーズが難しかった」「浴衣、着たねえ~!」「若かったなあ(笑)」「ノーメイクで写真を撮ってたなんですごい!」などと、楽しそうに思い出を語り合う。星野の身長がどんどん伸びていったことが話題になっていたが、5人の10代を記録した写真は、彼女の身長だけでなく、あどけなかった少女たちが、美しく成長していく瞬間を捉えており、古くからのファンは感慨もひとしおだったのではないだろうか。

特別企画のトークコーナーが終わり、“起立、気をつけ、礼!”の号令とともに後半戦へ。メロディアスな「Happy」「無敵のビーナス」「コトバテニス」をつなぐと、アップテンポな「びびび美少女」で一気にテンションが上がる。短いMCをはさんで「ジャン!ジャン!ジャン!」では星野が“みんなで踊ってね!”と会場を煽り、「スウィンギタイ!」ではユニゾンで力強い歌声を届け、ラストの「ばってん少女。」へ。パンキッシュなサウンドに乗って、“オイ!オイ!”と煽ると、会場はこれまで以上に大きくサイリウムを振り、サビではメンバーとともにジャンプを繰り返す。ヘッドバンギング、側転で目を奪い、ステージを駆けまわってのこれまで以上に激しいパフォーマンスを披露し、ライブを締めくくった。


最後は5人が感謝の言葉と現在の心境を語ることに。「(星野が卒業することが)ドッキリでしたってことにならんかなあって思っとったけど、蒼良と過ごした時間を大切にして頑張っていきたい」(希山愛)、「冷静でまっすぐで公平で強い蒼良に助けられてきました。彼女は前向きな決断をしたので、進む道は違うけれど、これからもそれぞれを応援してくださったら嬉しいなと思います」(春乃きいな)、「この5人でいるのは今日で終わりなのは、寂しいけど、楽しい思い出しかないです。それをずっと記憶に遺しておきたい」(瀬田さくら)、「リハで思い出を話していたら、私たちは6年間同じ時間を過ごしてきたんだなって実感しました。私たちは前向きな決断をしたので、それが間違ってなかったなって思えるようにしていきたいなと思います。5人の姿をしっかり焼き付けてください」(上田)と、まずは4人が星野への思いを語った。それを受けて最後は星野。会場を見渡しながら「良い景色です」と言ったところで涙が。「自分の人生のために、自分で決めた決断なので後悔はしません。でも、楽しかった気持ちは忘れたくないです。メンバー、スタッフ、家族、何よりもファンのみなさんに感謝を伝えたい。みなさんと一緒に作ったライブをずっと心に残して、前を向いて一歩を踏み出したいと思います」と、涙声で語ると最後は「みなさん、本当にありがとうございました」と深々と一礼した。ライブ中はずっと笑顔を絶やさず、全力のパフォーマンスを見せてきたが5人だったが、最後はやはり感極まってしまった様子。しかし、彼女たちの言葉はいずれも前向きなもので、星野の卒業が、彼女にとってもグループにとっても意味のあるものにしたいという決意が感じられた。これからもそれぞれの道で頑張る彼女たちを応援していきたいと、ファンは強く思ったことだろう。(第二部へ続く)

取材・文:竹内伸一


<ばってん少女隊の、田舎娘FINAL~私は私に期待大!!!~>

2021年3月28日(日) TSUTAYA O-EAST
【第一部】open 13:00 / start 14:00【第二部】open 17:00 / start 18:00 指定席 ¥5,500 (税込・別途ドリンク代)※未就学児入場不可 ※お一人様各公演2枚まで

■第一部セットリスト

おっしょい!
でぃすたんす
OTOME despite
(MC)
Just mean it!
Dancer in the night
Over
(MC)
OiSa
Killer Killer Smile
乙女ノ手札
崇シ増シxxx物語
(MC)
Happy
無敵のビーナス
コトバテニス
びびび美少女
(MC)
ジャン!ジャン!ジャン!
スウィンギタイ
ばってん少女。
(MC)

◆ばってん少女隊 オフィシャルサイト
この記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報