YouTubeチャンネル「みのミュージック」にデイヴ・グロールがサプライズ出演、記念碑的インタビュー敢行

ツイート

フー・ファイターズのフロントマン、デイヴ・グロールが、YouTubeチェンネル「みのミュージック」にサプライズ出演(https://youtu.be/Hx0G4dyVbC0)。チャンネルの主宰者=みのが直撃インタビューを敢行し、生粋のファン目線とアーティスト目線の両軸から様々な質問をぶつけた。

今回、デイヴ・グロールがインタビューを受けたYouTubeチャンネル「みのミュージック」は、洋邦問わず様々なミュージシャンや、その音楽をわかりやすく紹介するスタイルで、現在チャンネル登録者数約30万人、多くの著名人もファンと公言する人気チャンネル。

自身がシアトル出身で、同じシアトル発のスターでもあるニルヴァーナ並びにフー・ファイターズを血肉のように浴びつづけ育ったという、みの。これまでも世界中のファンの元に多くのサプライズを届け続けてきたデイヴ・グロールが、彼の出身地とバックグラウンドを聞いて、みのミュージックへの出演を決めたという。

インタビューは、みの本人がシアトルで観たというデイヴ・グロールがサプライズ出演したポール・マッカートニーのライヴの話から始まり、ポールとの交流や、シアトルでのデイヴ一家のエピソードなどをデイヴらしいユーモアを交えたトークが炸裂する。自身がミュージシャンでもある、みのがフー・ファイターズの最新アルバム「メディスン・アット・ミッドナイト」の制作裏話やサウンドプロダクションに関してもデイヴと熱く語り合っている。

また、日本のファンのSNSで一時話題となっていた新曲「シェイム・シェイム」のMVでデイヴ・グロールが壊しているギターが、とある日本の人気バンド・ギタリストのシグネチャー・モデルでは?とった都市伝説的な噂や、デイヴが約20年前にお忍びでライヴハウスに足を運び、熱狂したというギターウルフのエピソードも披露。ファン垂涎のインタビューとなっている。

日本向けの映像インタビューは2017年以来約4年ぶりとなり、時がたっても変わらず屈託のない笑顔でインタビューに答える姿は、日本のファンへの愛と、本人の「アニキ」らしい人となりを捉えた貴重な映像となっている。インタビューの最後には、「毎日リハーサルを続けているから、日本からお呼びがかかった瞬間に速攻で飛び出していくぜ!」という言葉も飛び出し、来るべき最新ツアーへの期待も膨らむ。


この記事をツイート

この記事の関連情報