ギターをポップに楽しめる初心者向けレッスン動画「さとうもかギター教室」がスタート

ツイート

これからギターを始めたいという人にうれしい動画コンテンツが登場。気軽に視聴してギター演奏の楽しさを味わえるレッスン動画「さとうもかギター教室」がスタートした。

「さとうもかギター教室」は、島村楽器が、ジェネレーションZとミレニアル世代に向けた音楽動画メディア「lute(ルーテ)」を運営するSkyrocket株式会社の協力のもとスタート。luteのコンテンツパートナーでもあるクリエイティブ集団「チームフラスコ」による特別番組として、luteの公式YouTubeチャンネル内「チームフラスコのペトリ皿」にアップされる。

先生役を務めるのは、耳に残る良質でポップな楽曲がZ世代を中心としたリスナーからの注目を浴び、業界内のさまざまなミュージシャンやクリエイターからも支持を受けている、岡山出身のアーティスト「さとうもか」。レッスンは、生徒役のチームフラスコのメンバーとの対話を交えて進行。まるでトーク番組のような気軽さで、初めてのギター練習から徐々に弾けるようになっていく過程を視聴できる講座になっている。

初回となる“1限目「ギターはじめます」”が3月29日に公開。その後、週1回ペースでアップされる。5限までの視聴で、最終的に4小節程度のフレーズを弾けて、TikTokにアップできるくらいを目指す。


イントロ回となる1限目では、先生役のさとうもかがギターとの出会いや、作曲を始めたきっかけを紹介。これまでメディアでは語られなかったエピソードトークが飛び出すなど、もともと親交のある2組ならではの軽快でポップなやりとりが繰り広げられている。

これからギターを始めてみたいという人、かつてギターに挑戦してみたけど途中であきらめてしまった人にとっても、音楽との新しい付き合い方が始まるきっかけになれば、とは島村楽器からのメッセージ。「さとうもかギター教室」をサポートするとともに、初心者が楽しみながら学べるコンテンツを発信し続けるということなので、今後の展開にも期待しよう。

<出演者プロフィール>

■さとうもか(先生役)
岡山出身のアーティスト。繊細だけど大胆、ユーモラスだけど甘くない、ガーリーでシュールで、少しストレンジ、かも。初めてのピアノ発表会で弾いた「ガラスの靴」のシ・ド・ミの和音で音楽が好きになる。2018年から本格的に活動をスタートし、これまでに3枚のアルバムをリリース。2021年5月EMI Recordsよりメジャーデビュー。アート心をくすぐる良質なポップネスを持つその才能は、さまざまなクリエイターやアーティストから支持を得ている。自身の作品以外にも、楽曲提供、ラジオなど多岐に活動中。


■チームフラスコ(生徒役)
Frascoを中心として集まったクリエイティブプロデュースチーム。Frascoのタカノシンヤと峰らる、kentaro nagata(サウンドエンジニア)、yorocine(映像)の代田栄介と米村俊、Naz Chris(キュレーター)、SOTA(VJ)、大江よう(衣料部)、Rinna(AIりんな・画家)が属し、現在9名。音響・広告やイベントの企画/PR・グラフィック・映像・空間演出・衣料等多角的に活動を展開している 。Frasco自体のプロデュースだけでなく、ほかアーティストのサウンドプロデュース・企画/PRも手掛けている。
この記事をツイート

この記事の関連情報