deadman、活動休止した5月23日に東京公演開催決定「楽しくやれると思う」

ツイート

deadmanが5月23日(日)、東京・TSUTAYA O-EASTにてライヴ<霧に浮かぶ灯り、明滅は瞳孔>を開催することが発表となった。

◆deadman 画像

1年間の期間限定で活動を再開させたdeadmanだが、コロナの影響で2020年5月からのライヴが全て延期や中止に。この状況に対し、「この期間にやりたかったことを全てやり終えるまでは活動を継続させる」とメンバーはコメントしていた。

バンド結成20周年となった2021年。1月6日にはdeadman初ライヴの会場として知られる名古屋ダイアモンドホール公演、3月20日には20周年記念ライヴ<感情の無い激痛と薄氷が軋む音>と題した2部公演を名古屋ボトムラインで行った。観客数を制限しての空間ではあったが、揺るぎない音とパフォーマンスで魅せたステージで、彼らが活動休止した日と同日の5月23日にTSUTAYA O-EASTでライヴを行うことが発表された。

久しぶりとなる同東京公演は昨年中止になったものではあるが、この日のライヴには新たに<霧に浮かぶ灯り、明滅は瞳孔>というタイトルが付けられた。aieはこの日のライヴについて、「2006年の時はラストライヴ感があったけど、今回はそうじゃないので、楽しくやれると思う」とコメントしている。

■東京公演<deadman「霧に浮かぶ灯り、明滅は瞳孔」>

2021年5月23日(日) 東京・TSUTAYA O-EAST
open17:00 / start18:00
▼GUEST MUSICIAN
Bass:kazu (the god and death stars / gibkiy gibkiy gibkiy)
Drums:晁直 (lynch.)
▼チケット
前売:¥8,800 (税込/D別)
※スタンディング
一般発売日:e+ 5/1(土)10:00~
※枚数制限2枚 ※WEB限定販売
【オフィシャル先行】
e+受付:4/2(金)10:00~4/18(日)23:59

この記事をツイート

この記事の関連情報