【ライブレポート】錦戸亮、リリースイベント&FC限定ライブツアーファイナル開催

ツイート

撮影:田中聖太郎

錦戸亮のアルバム購入者無料イベント<錦戸亮 Album “Note” リリーススペシャルイベント>とファンクラブ限定ライブ<LIVE 2021 “Note”>のツアーファイナルが、3月31日(水)に行われた。

◆ライブ写真

2021年1月に、すべての作詞・作曲・プロデュースを手掛けた2ndアルバム『Note』をリリースした錦戸。3月5日(金)にスタートした今回のツアーでは、全国7箇所のライブハウスで全21公演が行われた。

リリースイベントでは弾き語りとバンドスタイルで全7曲を披露し、ライブではインスト曲を含めアルバムとほぼ同じ流れのセットリストで『Note』を体感できる贅沢な時間を提供した。


撮影:田中聖太郎


撮影:田中聖太郎

イベントは来場者数を会場収容キャパの半分以下に減らし、徹底した感染予防対策を敷いた上で開催。錦戸は「声は出せずとも気持ちがあふれるような、そんな風な1日になればいいと思います」と客席を気遣いながら、誠意あふれるパフォーマンスを行った。訪れた観客も拍手やサイリウムで精一杯反応し、感謝や感動を伝え合った。


撮影:渡邊玲奈


撮影:渡邊玲奈

アーティストとファンが同じ空間で過ごす時間を経て、ライブの終盤には「人数をものすごく減らしたファンミーティングや、無観客でもライブをやってみて思ったのは、やっぱり座っていても誰もしゃべらなくてもいいから、目の前に誰かがいる状態で歌うほうが僕は好きやなと思いました」と素直な気持ちを告白した錦戸。「これからも状況に応じて精査しながら、できる限り僕は皆さんの前に立ち続けたい。皆さんが応援していてよかったな、やっぱり応援したいなと思えるような僕であり続けるしかないので、これからもよろしくお願いします」と、真摯に語った。

今回の有観客ライブで得た思いを胸に、錦戸は4月15日(木)より全国10箇所、12公演のホールツアーを行う。ライブハウスとはまた一味違う新たなアプローチで、アルバム『Note』の世界を表現してくれるだろう。


撮影:渡邊玲奈

■<錦戸亮 LIVE TOUR 2021 “Note”>

2021年
4月15日(木)東京・中野サンプラザ
4月18日(日)福岡・福岡サンパレス
4月20日(火)大阪・大阪フェスティバルホール
4月22日(木)東京・LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)
4月23日(金)東京・LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)
4月29日(木)愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール
5月1日(土)広島・広島文化学園HBGホール
5月7日(金)埼玉・大宮ソニックシティ
5月8日(土)宮城・仙台サンプラザホール
5月15日(土)京都・ロームシアター京都
5月16日(日)兵庫・神戸国際会館
5月23日(日)神奈川・よこすか芸術劇場

■錦戸亮 2nd Album『Note』

2021年1月27日(水)リリース
01. Top note
02. Tokyoholic
03. キッチン
04. ハイボール
05. コノ世界ニサヨウナラ
06. オモイデドロボー
07. Middle note
08. 微睡み
09. Silence
10. 若葉
11. スケアクロウ ※通常盤ボーナストラック
12. I don’t understand
13. ラストノート
この記事をツイート

この記事の関連情報