ガービッジ、新曲公開。6月に5年ぶりのニュー・アルバムを発表

ツイート


ガービッジが、6月に5年ぶりの新作、通算7枚目のスタジオ・アルバム『No Gods No Masters』をリリースする。火曜日(3月30日)、オープニング・トラック「The Men Who Rule The World」のミュージック・ビデオが公開された。

◆ガービッジ画像、動画

『No Gods No Masters』は、バンド・メンバーと長年のコラボレーターBilly Bushが共同プロデュースし、スタンダード・エディションには「The Men Who Rule The World」「The Creeps」「Uncomfortably Me」「Wolves」「Waiting For God」「Godhead」「Anonymous XXX」「A Woman Destroyed」「Flipping The Bird」「No Gods No Masters」「This City Will Kill You」の11曲を収録。デラックス・エディションには、それらに「No Horses」、デヴィッド・ボウイのカヴァー「Starman」、「Girls Talk (feat. Brody Dalle)」、パティ・スミスのカヴァー「Because The Night (feat. Screaming Females)」、「On Fire」「The Chemicals (feat. Brian Aubert)」「Destroying Angels (feat. John Doe & Exene Cervenka)」「Time Will Destroy Everything」の8曲がボーナス・トラックとして追加されるという。

リード・ヴォーカリストのシャーリー・マンソンは、この7枚目のスタジオ・アルバムについて、「七元徳、七つの悲しみ、そして七つの大罪」とあるように7は特別な数字だと話し、おかしくなった世の中と自分たちが置かれたカオスの意味を解明するため、彼らが「いま作らなくてはならなかったアルバムだった」と感じているという。




『No Gods No Masters』は6月11日にStunvolume/Infectious Musicよりリリースされる。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報