ジャーニー、ロス・ヴァロリーとスティーヴ・スミスに対する訴訟で和解

ツイート

ジャーニーのニール・ショーン(G)とジョナサン・ケイン(Key)は昨年3月、ベーシストのロス・ヴァロリーとドラマーのスティーヴ・スミスを解雇し、2人に対し損害賠償を求める訴訟を起こしたが、両者は最近、友好的な同意に達したという。

ショーンとケインの弁護士が裁判所に提出した書類によると、スティーヴ・ペリー脱退後の1998年以降、バンド名の使用等の権利はショーンとケインが所有するものの、ヴァロリーとスミスはNightmare Productionsにあると勘違いし、社内での力を高めれば、自分たちがジャーニーの名を使用でき、引退後の収入も確保できると考え、2019年終わり、ショーンとケインを管理職から降ろそうと社内クーデターを試み始めたという。ショーンとケインは、ヴァロリーとスミスはメンバーの間に必須な信頼関係を壊したと、バンドから解雇した上、2人に対し1,000万ドルの損害賠償を求めた。

それから約1年が経過し、ジャーニーが所属するマネージメント会社Q Primeは木曜日(4月1日)、「彼らは相違を解決し、友好的な和解合意に達した」との声明を出したそうだ。「ニール・ショーンとジョナサン・ケインは、ロス・ヴァロリーとスティーヴ・スミスがジャーニーの音楽とレガシーに貢献してきたことを認め、ヴァロリーとスミスは元バンド・メイトたちの更なる成功を願っている」という。和解の条件等は明かされていない。

ジャーニーはヴァロリーとスミスの脱退後、ランディ・ジャクソン(B)とナラダ・マイケル・ウォルデン(Dr)を迎え、活動を再開している。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報