【Pearl75周年特集】夏芽 (RAISE A SUILEN / SHAZNA)が語る、「どれだけ派手にドラムを叩くかってこと」

ツイート

新生SHAZNAのドラマーとして華やかにスタイリッシュにリズムを構築する一方で、バンドリ(BanG Dream!)のガールズバンドRAISE A SUILENのドラマーとしてテクニカルなミクスチャーサウンドを響かせるアーティストが、夏芽だ。つまり、女性ドラマーとしてのしなやかさに加え、技巧派として男性ドラマーを凌駕するスキルの高さを兼ね備えていると言い換えることもできる。

◆夏芽 (RAISE A SUILEN / SHAZNA) 画像 / 動画

<Pearl Drums 75th Anniversary Special Day>の収録が行われた3月某日、関東近郊の撮影スタジオに姿を現した夏芽は、持ち前の明るさとモデル並みのシルエットで、撮影現場の雰囲気を一瞬にしてエレガンスなものにした。しかし、ひとたびスティックを握れば、スタジオ内に響き渡るド迫力のドラムサウンド。前述のバンドをはじめ、これまでTHE YELLOW MONKEYのHEESEYや嵐などのライブサポートで大舞台を経験してきた実力は伊達じゃない。その収録直後に行ったインタビューでは、ドラム初心者時代やPearlとの出会い、現在愛用中のドラムセット、そして、この日演奏したドラムソロや75周年記念モデルの印象について、RAISE A SUILENの現在を交えながら話を訊いた。

   ◆   ◆   ◆

■友達に見せびらかすために
■学校にツインペダルを持って

──夏芽さんがドラムと初めて接したのは、進学した高校の軽音楽部に入部したことがきっかけですよね?

夏芽:そうなんです。そのときすぐに8ビートを叩けるようになって、ドラムへの熱が一気に高まったんです。私はもともとSEX MACHINEGUNSがきっかけでバンドが好きになったんですけど、入学したのが女子高だったので、他のバンドメンバーとかが「恥ずかしくてできない」って感じで、あんまりロックバンドとかできなかったんですよ。それでもロックをやりたい熱が抑えきれず、楽器屋さんのメンバー募集掲示板で知り合った学校の外の人達とバンドを組んだり、教則本を買ってきて、難しいリズムパターンに挑戦したりしていました。

──ひとりで勝手に上達していったんですか?

夏芽:学校内の周りの友達とは、たぶん目的が違うというか。みんなは“楽しく音楽をやれればいい”と思っていたかもしれないんですけど、私は高校へ進学する前からバンドをやりたかったし、なんならプロになりたいって思ってましたから。その熱をドラムにぶつけていました。

▲夏芽 with President Series Phenolic

──高校の軽音部の部室に置いてあったのはPearlのドラムセットという話ですが?

夏芽:そうなんですよ。モデル名までは覚えていないんですけど、Pearlの黒いドラムセットでした。タムが2つある基本的なスタイルで。私が初めて買ったハードウェアはPearlのツインペダルだったんですよ。

──さすが、“女トミー・リー”と異名を持つ夏芽さんだけのことはある。高校生の頃からツインペダルで速いリズムを叩きまくっていたわけですか?

夏芽:学校にツインペダルを持っていってました。でも当時は、ツーバスフレーズがそれほどうまくできなかったので、「すごいでしょ!」って友達に見せびらかすために持っていった感じで。

──高校卒業後にはプロを目指して音楽専門学校に通いながらバンド活動も始めていますが、ご自身のドラムセットを購入したのはいつぐらいですか?

夏芽:自分のフルセットを買ったのはけっこう遅くて。以前組んでいたバンドの時からPearlさんにお世話になっていたので、撮影とかで必要となったときにPearlさんが貸してくれていたんです。自分で初めて買ったドラムセットは、クリスタルビートというシリーズ。新しいクリスタルビートが販売開始になったときに購入したので、数年前……たしか2016年ですね。

──なぜクリスタルビートを?

夏芽:まず見た目がカッコいいから。音的にはマスターズシリーズがすごい好きなんですけど、やっぱりクリスタルビートはライヴで映えるなと思って。

──SHAZNAのライヴでも使用してますし、夏芽さんはライブで見せるドラマーですからね。

夏芽:はい。どれだけ派手に叩くかってことを重視していますので。



──RAISE A SUILENのドラマーとしても活躍していますが、違うシリーズのシェルを使っていますよね。どんなところをポイントにドラムセットを選びました?

夏芽:RAISE A SUILENで使っているのはPearlのリファレンスシリーズで、スタッフさんと相談しつつ選びました。わりと普通の基本セットなんですけど、トップのチャイナシンバルがめちゃめちゃ高い位置にあるというのは、昔からの私の特徴でもあるので、そのセッティングはそのまま採用させてもらっています。あと最近、それこそこの前の2月22日の横浜アリーナのライブからトップのチャイナシンバルをもう1枚増やしました。

──それは夏芽さんのアイデアで?

夏芽:そうです。もう1枚増やしたら、左右に高い位置にセットすることで派手に見えるからってことで。あと楽曲的に使いたいのでスプラッシュシンバルも付けました。

▲夏芽 with President Series Phenolic

──その横浜アリーナで2月22日に行なったRoselia×RAISE A SUILEN合同ライブ<Rausch und/and Craziness II>の手応えも、多くのファンは聞きたがっていると思います。いかがでした?

夏芽:<ラウクレII>は、2020年8月に富士急ハイランド・コニファーフォレストで行なった<BanG Dream! 8th☆LIVE>以来、お客さんを入れて実施したんです。それもあって、すごく気合いを入れて臨んだんですけど、当日は私、珍しく緊張しちゃって、楽屋でずーっと「緊張する…」って言ってたんです。でもステージに上がったら、バンドリーマー(観客)のみなさんがブレードで作る光の海で歓迎してくれて、それを観た瞬間、嬉しさのあまりに涙がこぼれ落ちそうになっちゃいました。でも、ライブで初披露となる新曲「mind of Prominence」からのスタートだったので、溢れる感情を抑えて。そこから始まったステージなんですけど、演奏する曲もセットリストもハードで、なんとか乗り切った感じですね。

──RAISE A SUILENの持ち時間は1時間。その間にメンバー紹介も兼ねたソロも交えつつの合計10曲。攻め攻めのライブでしたからね。

夏芽:突っ走りました!

──その横浜アリーナのときに新たなライブも発表になりましたね。

夏芽:そうですね。まずRAISE A SUILENにとって初めてのツアー<RAISE A SUILEN ZEPP TOUR 2021「BE LIGHT」>が、5月22日のZepp Hanedaから始まります。その前に<JAPAN JAM 2021>の5月2日へ出演することも決まりました。そして6月5日と6日にはメットライフドームで行なわれる<BanG Dream! Special☆LIVE Girls Band Party! 2020→2021>にも出演します。さらに夏には富士急ハイランド・コニファーフォレストで<BanG Dream! 9th☆LIVE>があるんですけど、RAISE A SUILENは9月4日と5日の<BanG Dream! 9th☆LIVE「Mythology」>に出演します。

──まだちょっと早いかもしれませんが、新たなライブやツアーに向けての意気込みを聞かせてください。

夏芽:情勢的にどうなるのか不安定なところもありますけど、ライブを観に来てくれるみんなと気持ちをひとつに、楽しいライブをしたいなと思います。歓声は出せない状況だと思うんですけど、ステージに立っていて、みんなの気持ちはすごく届いてきますから。そして私たちもみんなに向けて届けます。魂のぶつけ合いですね。

◆インタビュー【2】へ
この記事をツイート

この記事の関連情報