ジャパヲタ・プロデューサー「エース橋本」aka ブランダン・デシャイ、 向井太一、ケロ・ワン、5lackほか参加の豪華デビューAL日本リリース

ツイート

ニッポン好きすぎアメリカ人「エース橋本」って一体何者だ!?――その正体は、オッド・フューチャーの初期メンバーにして、SZA、マック・ミラー、チャンス・ザ・ラッパーなど数多くのプロデュース/楽曲提供を手掛けてきた人気者ブランダン・デシャイだ。

◆エース橋本 関連動画&画像


そんなエース・橋本の、日本愛を随所に散りばめた極上のオルタナR&Bアルバム『Play.Make.Believe』が完成した。

タイラー・ザ・クリエイター率いるヒップホップ・コレクティヴ“オッド・フューチャー”にフランク・オーシャンらと共に在籍し(08~10年)、これまで数多くのプロデュースワークや楽曲提供、客演で名を馳せてきたシカゴ生まれの実力派シンガー/ラッパー/ソングライター/プロデューサー:ブランダン・デシャイ。日本文化を敬愛するあまり2017年から東京に一時期移住までした彼は、なんとEXILEやELLY / CrazyBoy (三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)への楽曲提供でも活躍。同時にAce Hashimoto名義でKOJOE、5lack、RAU DEF等とコラボするなど、日本のヒップホップ・シーンとも交流を深めてきた。

そんなエースのファースト・アルバム『Play.Make.Believe』が、パリのビートメイカー:Onraのレーベル”NBN Records”から満を持して登場。日本盤はPヴァイン・レコードより4月28日にリリースされる。向井太一をフィーチャーした「2NITE (feat. Taichi Mukai)」、R&B界注目の新星デヴィン・モリソン参加の「The Great Indoors (feat. Devin Morrison & Sir Michael Rocks)」、ジャジー・ヒップホップの雄ケロ・ワンとコラボした「4EVERYTHING (feat. Kero One)」、そして日本盤限定収録となる5lack客演の「CALI 2 JPN (feat. 5lack)」など、その圧倒的なセンスと実力、そして幅広い交友関係が凝縮された楽曲が満載。ファレルとフランク・オーシャンの間を行くようなポップでメロウで浮遊感あふれるオルタナティヴR&Bサウンドが素晴らしいのはもちろん、日本愛を打ち出しまくったその特異なキャラクターも気になって仕方ない。


『プレイ.メイク.ビリーブ.』

2021年4月28日(水)リリース
PCD-22422
日本盤ボーナス・トラック収録/日本限定アートワーク採用/解説・歌詞対訳付

■Track List
1. Zombie: The Entrail-Duction
2. Girls (feat. pH-1)
3. O.M.W.
4. 2NITE (feat. Taichi Mukai)
5. Trak Star (feat. Tkay Maizda)
6. The Great Indoors (feat. Devin Morrison & Sir Michael Rocks)
7. Bad Habits (feat. Ta-Ra)
8. Affection
9. 4EVERYTHING (feat. Kero One)
10. Nice to Know You
11. Etika’s Interlude
12. I Feel Fly (feat. Mon'aerie)
13. Ending Theme
14. CALI 2 JPN (feat. 5lack) [日本盤ボーナス・トラック]

◆エース橋本 Instagram
この記事をツイート

この記事の関連情報