【インタビュー】ヒグチアイの本質

ツイート

■本来ずっと考えてなきゃいけなかったことが浮き彫りになっているだけ

──曲調、サウンドについても聞いていきたいのですが、今回はカントリーやフォーキーな雰囲気になっています。テーマ的に重い、シリアスな内容に、カントリー調のライトなリズムがのっているという、これはあえてバランスをとったところはあるんですか。

ヒグチアイ:実は、元々はこのサビの歌詞でちがうメロディを乗せていたんです。カントリー調のものはもともと好きで、今回はバンジョーやフィドルなども入れたんですけど、そういう自分の本線のなかではやりたくてもできないことをやってもいいみたいな感覚があって、それは楽しかったですね。やってみるか!っていう感覚が、新鮮でした。

──ドラマの曲だからこそ、それだけ手を離せる部分があった。

ヒグチアイ:そうですね、誰かの責任にしていいというか(笑)。

──このサウンドのタッチもすごく似合うなと思いましたよ。ヒグチさんがもともと持っている声、声の成分とも合っていて、自然なヴォーカルが、切なさも哀愁も、愛情も醸し出しているというか。

ヒグチアイ:好きなんですよ、こういう声の出し方。本来、あまりわーって歌うのが得意ではないんですけど、好きなんですよね、それはそれで。好きだけど、得意じゃない。今回の曲のような感じは、好きなんだけど、“ヒグチアイらしさ”で言ったらメインになりにくいところがあって。例えば、「めちゃくちゃいい曲です」っていうMC後にこの曲がはじまったら、「そっち?」ってなる気がするんです。“聴かせたい”みたいなときに聴く曲ではないと思っていて。自分はこれまで、聴かせたいと思う曲を作り続けてきちゃったし、あまりこういう曲は作らないようにしていたんですけど。本当は、歌うのも楽しいし、声もラクに出せるものも好きなんですよね。


──はい、エアリーでいい雰囲気だと思います。

ヒグチアイ:声にはこっちの方が合っていると思いますね。それはなんとなくわかっているんですけどね(笑)。なぜか、そういうのが少なかったですね。もうちょっと重たいというか。ファンの方に好いてもらえる曲は、重さがあるような曲の方が多いですね。

──たくさん出した候補曲の中で、この曲にスポットが当たったからこそ、今後のヒグチアイさん像の裾野が広がった感じもありますね。

ヒグチアイ:そうですね。いろいろやっても軸はそんなに変わらないということがわかったので。昔はこれをやったらヒグチアイらしさがなくなるんじゃないかとか、いろいろ思っていましたけど。そんなに器用な人間じゃないので、別に何を書いたって、どんなことやったって、そんなに外れないかなっていうのが最近の私ですね。

──ということは、結構いいタイミングでこうしたお話がきた感じですね。

ヒグチアイ:そうかもしれないです。この他に歌詞を提供することもいくつかあったので、その流れで書けたところもありました。ちょっと自分のエゴみたいなものは置いておいて書いた曲がちょこちょことあった感じです。

──コロナ以降なかなかライブ活動ができなかったと思いますが、制作面では広がりがあった感覚ですか。

ヒグチアイ:そうですね。自分のことを考えると、やっぱり歌詞にコロナの話が入ってきちゃうから書けないなとずっと思っていたんです。だから、提供曲や人から頼まれたことだったら、自分の話じゃないので、コロナを置き去りにして曲が書けるのはありがたかったですね。

──目に見えるもの、リアルに感じたことをずっと描いてきたからこそ、こうした社会の動きや人の様というのはどうしても歌に入らざるを得ない要素になってしまうんですね。

ヒグチアイ:今、言葉も難しいじゃないですか。今までなら普通に良かったことが、ダメになっていくというか。

──今だとジェンダーの問題等、いろんなことでより言葉を繊細に考えなければならない時代になっていますね。

ヒグチアイ:「これを言ったら、誰かがどうか思うんじゃないか」とか、いろんな表現に制約がかかってきているなと感じています。社会が自由になっていけばいくほど、伝わらなくなっていくものがあるというか。これからはより考えて曲を作らなきゃいけなくなっていくのかなって思っていたら、いろいろ大変で……。あまりに自分の曲を書いていないので、スタッフに「曲書け」って言われますけど(笑)。

──(笑)。ではこの1年近くは、提供曲やこうして主題歌を書くというのをメインに過ごしていた感じですか。

ヒグチアイ:そうですね。昨年の11月から1月くらいは、提供曲を書いてることが多かったです。昨年は、ほぼ曲は書いてないです。全然、書く気になれなかったんです。

──自分が今何を言うべきか、そもそも自分は何を思っているのか、そういうのがわからないような?

ヒグチアイ:コロナに対しての思いはいくつか曲に書いたので、そこから次のステップにいきたいんですけど……今はちょっと離れた恋人にも会いにいけないような状況じゃないですか。それを考えると、のんきに恋愛の話を書いていていいのかな?とか思ったりもして。でも、周りの人が出すアルバムは以前と同じようなものだし、それでもいいのかって思うし。結構、迷いますね。

──きっとリスナーも音楽の聴き方が変わって来ている感覚もありますしね。これまで自分にフィットしていたものが、ちょっと変わってきちゃったりとか。

ヒグチアイ:そうですよね。通勤中に音楽を聴いていた人たちが、家にいることになって音楽を聴かなくなってしまったとかも多いと思うので。音楽を聴くタイミングが変わっていますよね。今まではテンポが速い曲を聴いて通勤していた人が、家にいるんだったらゆっくりな曲が聴きたいなとか。いろいろ変わってきているとは思います。だからと言って、そこに寄せることはできないし。まだ、答えは見つかっていません。


──曲を書くかどうかは別にして、ピアノに向かう時間というのは多かったんですか。

ヒグチアイ:舞台『蜜蜂と遠雷』のおかげでたくさんありましたね。普段は曲を作らないときはピアノを弾かないんですが、今はずっとピアノを触っている分、ちょっとピアノとは仲良くなれた気がします。

──舞台は初出演ですね。今回『蜜蜂と遠雷』は、なぜやってみようと思ったんですか。

ヒグチアイ:「出ませんか」というお話をいただいたんです。でも、本当は舞台だけはやりたくなかったんです(笑)。やりたくなかったし、きっと話もこないだろうと思っていたんですけど、実際話をいただいてみて思ったのは、「やらない」っていう選択をした場合、自分の負けの印が一個ついてしまうなって。

──そこで断ってしまったら、次のオファーもないだろうと?

ヒグチアイ:ないだろうし、またきたところで断っちゃうと思うんです。で、断ったら、自分の人生で後悔する部分が増えちゃうなと思って。とりあえず受けてみて、やってみて、嫌だったら全部やりきった後に、今度はやらないってすればいいなって思って。一回だけはやってみようって思って、受けました。

──未来への選択肢、可能性を消さなかったんですね。

ヒグチアイ:知らないで、やらないっていうのはちょっと自分のなかではナシだから。

──これまで長くシンガーソングライターとして経験を積んできて、またある程度年齢を重ねてきてこうして新しいことに飛び込めるって、思い切りや跳躍が必要なのかなって思ってしまいそうですが。

ヒグチアイ:そうなんですかね。あまり考えたことがなかったです。きっと私の友だちや周りに一般の会社で働いているような人がいないからかも。普通の人たちが周りにいれば、もっといろんなことを考えたり、ちゃんとしないといけない、とか思うのかもしれないですけど(笑)。なんていうか、普通の人とは感覚がずれているとは思います。だから年齢のことも気にしたこともないし、ずっとこのままいけたらいいなって思ってます。どこまでいけるかわからないけど(笑)。

──もっと若い頃の方が、私はこうなるんだとか、こうありたいだとか、ビジョンが先立っていた感じっていうのはありますか。

ヒグチアイ:10代の時の方がしんどかったですね。私の周りには10代でデビューする人がすごく多かったんですが、そこから外れてしまったことで、いろんな自分のブランドがなくなっていくというか、自慢できることがなくなっていって。当時は「平成生まれです」って言ったら、「若いねー!」なんて言われていたけど、今はもうそんなことを言われることもない。こうやって自分を形作っていた“特別”というものがどんどんなくなっていって、25、26歳くらいにそのすべてがなくなって、音楽やめようかなっていうのが一度きて。でもその特別がなくなっただけで、お前はまだ何もしてないじゃないかって思い直したんです。特別というものがなくなった上にただ歳を重ねただけで、何もしないままやめるのは、めちゃくちゃダサいなと思って。で、そこでちゃんと音楽やろうって思ったんです。私、いろんな気づきが遅いんですよね。だから、ずっと遅いままいると思うし、いろいろ考えた結果、別になんとでもなるなって学んだし。だからやりたいことがあったら、とりあえずやろうって思っています。

──今は目の前のことが大事っていう。

ヒグチアイ:全然、大事です。みんなはもっと先のことを大事にしているんですかね? 

──とくにこのご時世では、目の前のことから先々の不安までも考えてしまうことは増えたかもしれないですね。

ヒグチアイ:本当は先のことを考えていろいろすべきなんでしょうけど、考えたからってうまくいくものでもないし。今やっていることを一生懸命やって、思ったよりもいい反応があったりすればそれが仕事になっていくし。シンガーソングライターは、目の前のことをやることが先につながるといういい職業だなって思います。


──ちゃんと、点が線になっていく。

ヒグチアイ:そうですね。昨年はとくにみんな、“私の幸せとは”って考えましたよね。でもそれは、コロナ以前から考えておくべきことだったと思うんです。いつか絶対に、そこが崩れる日がくるから。普段から自分の本質がどこにあるのかわかっていれば、例えば仕事でうまくいかなかったり、何か大きなことが起きても対応できると思うんです。でもそういうことを考えず、いろんなことがうまく進んできた人が、これはダメかもしれないってなったときに崩れてしまう。本来ずっと考えてなきゃいけなかったことが、いま浮き彫りになっているだけの気がしています。結局、いろんな人の意見があるなかで何を軸にして考えるかと言ったら、自分でしかない。自分がやっていることは、自分がやめたら終わりですしね。結果的に、今こういう仕事をやれているのは、すごく自分には合っているなと思いますね。

──シンガーソングライターという、自分が考えていることを言葉にして、それを歌としてアウトプットすることは、自分が考えていることや中心にあることがすごく明快になっていきそうですね。

ヒグチアイ:しかも、それが誰かにわかってもらえたり共感してもらえるのって、本当に嬉しいじゃないですか。それってみんなやりたいことなんじゃないのかなって。「自分の気持ちをわかってくる人がたくさんいたらいいのに」ってみんなが思うことをやれているのって、ずるいですよね(笑)。一生シンガーソングライターでいたいです。そのためには聴いてくれる人を増やさなきゃいけない。でも自分の言いたいことが言えなかったり、やりたいことがやれないのには意味がない。だから、今こうして好きに歌っていられることは幸せだと思います。

──改めて4月にドラマがスタートして、この「縁」という曲がどんなふうに広がっていくか、そこも楽しみですね。

ヒグチアイ:ドラマをエンディングまで見てくれる人がどれくらいいるだろうかとか、どんな層の人が観てくれるのかはわからないですけど。原作を読む限りだと、私と近い世代の人がすごく多いと思うので、そういう人に聴いてもらえて、いいと思ってもらえたら自信になりますね。こんな曲が作れるようになったらいいなってずっと思っていたので。まだまだ完璧じゃないですけど、こうやって自分のメインの曲につながっていく曲が書けたら、ヒグチアイの“もっと”が広がっていくだろうなと思ってます。

取材・文◎吉羽さおり
写真◎佐藤裕之


■配信シングル「縁」

2021年4月16日(水)配信スタート
テレビ東京系 ドラマ24『生きるとか死ぬとか父親とか』エンディングテーマ


<HIGUCHIAI presents 好きな人の好きな人 - 入 梅 ->

2021年6月3日(木) 大阪 umeda TRAD
2021年6月11日(金) 東京 日本橋三井ホール
act : THE CHARM PARK / ヒグチアイ
※公演詳細、チケット情報は後日発表

ドラマ24『生きるとか死ぬとか父親とか』

2021年4月9日(金)深夜0時12分スタート
【放送局】テレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、テレビせとうち、テレビ北海道、TVQ九州放送
※テレビ大阪のみ、翌週月曜深夜0時から放送
(テレビ大阪は1話・2話が深夜0時5分からの放送となります)
【原作】ジェーン・スー『生きるとか死ぬとか父親とか』(新潮文庫刊)
【主演】吉田羊 國村隼
【出演】田中みな実 松岡茉優 富田靖子 岩崎う大(かもめんたる) DJ松永(Creepy Nuts)
オカモト“MOBY”タクヤ(SCOOBIE DO) 森本晋太郎(トンツカタン) ヒコロヒー
岩井勇気(ハライチ) 平子祐希(アルコ&ピース)
【オープニングテーマ】高橋優「ever since」(unBORDE/Warner Music Japan)
【エンディングテーマ】ヒグチアイ「縁」(ポニーキャニオン)
【監督】山戸結希 菊地健雄
【シリーズ構成】山戸結希
【脚本】井土紀州
【チーフプロデューサー】阿部真士(テレビ東京)
【プロデューサー】佐久間宣行(テレビ東京) 祖父江里奈(テレビ東京) 半田健(オフィスアッシュ) 平林勉(AOI Pro.)
【制作】テレビ東京 オフィスアッシュ
【製作著作】『生きるとか死ぬとか父親とか』製作委員会
【公式HP】https://www.tv-tokyo.co.jp/ikirutoka/
【公式Twitter】@tx_ikirutoka

公演情報

シンフォニー音楽劇「蜜蜂と遠雷」~ひかりを聴け~
風間塵:中山優馬
栄伝亜夜:ヒグチアイ
マサル・カルロス・レヴィ・アナトール:奥村颯太(関西ジャニーズJr.)
小山内健:大東立樹(ジャニーズJr.)
高島明石:パーマ大佐
嵯峨三枝子/ストーリーテラー:湖月わたる
菱沼忠明/ストーリーテラー:池畑慎之介
横浜公演:2021年3月27日(土)~4月11日(日)KAAT神奈川芸術劇場
大阪公演:2021年4月17日(土)~4月18日(日)新歌舞伎座
福岡公演:2021年5月1日(土)~5月3日(月・祝)博多座
■公式サイト http://mitsubachi-enrai.jp
■公式Twitter https://twitter.com/MitsubachiEnrai

この記事をツイート

この記事の関連情報