小沢健二、配信ライブで「エル・フエゴ(ザ・炎)」フルバージョン初披露へ

ツイート

小沢健二の配信シングル「エル・フエゴ(ザ・炎)」が4月21日(水)にリリースされる。配信開始に先駆けて、20日(火)20時より同楽曲のフルバージョンを初公開するオンラインライブも実施されるそうだ。

◆小沢健二 画像

3か月連続リリースの第二弾となる「エル・フエゴ(ザ・炎)」は、連続ドラマ『珈琲いかがでしょう』(テレビ東京系)のオープニングテーマとなっている新曲だ。放送では、その回のストーリーに合わせて小沢健二自ら切り出し編曲したというバージョンを聴くことができる。

自身の7歳の長男が考えた想像上の人物をモチーフに制作されたという同楽曲のテーマソング起用に際し、小沢健二は「“エル・フエゴ(ザ・炎)”を書き終わった頃にこのドラマのお話をいただき、原作マンガを読み進むにつれて、本当に驚きました。『珈琲いかがでしょう』と“エル・フエゴ(ザ・炎)”は、怖いくらいテーマが似ていたからです。もしドラマのために曲を作っていたら、ここまで強烈にシンクロはしなかった気がします」と語っている。

配信シングルのジャケットは、当山礼子の撮影による長男・凜音くんのポートレートを使用したもの。これに合わせて、息子と同じスタイリング、同じ構図で撮影された小沢健二の新しいアーティスト写真も公開となった。なお、今作では自身初となる96kHz/24bitでのハイレゾ配信も行われるということだ。


▲配信シングル「エル・フエゴ(ザ・炎)」ジャケット

配信ライブのチケットはローチケで4月12日(月)21時より販売開始となる。「マイクロ魔法的」と題したショートライブで、1回目の演奏は小沢健二のギターのみ、2回目には読売交響楽団のソロ・チェロ奏者である遠藤真理が参加予定とのことだ。当日はファッションフォトグラファーの守本勝英がカメラマンを務める。

この記事をツイート

この記事の関連情報