<阿蘇ロックフェスティバル2021>開催決定。発起人の泉谷しげるは今回で勇退へ

ツイート

<阿蘇ロックフェスティバル2021>が、10月23日(土)、24日(日) に熊本・熊本県野外劇場アスペクタで開催されることが決定した。

◆関連画像、動画

<阿蘇ロックフェスティバル>は、2015年に熊本で初開催された音楽イベント。新型コロナウイルスの影響による2020年公演の中止を経て、これが5回目の開催となる。新阿蘇大橋の開通や国道57号の復旧など熊本地震からの復興に向けた歩みが着々と進む中で、秋の2days開催に向けた準備がスタートしているということだ。


2021年の開催決定とあわせて、本フェスティバルの発起人である泉谷しげるの勇退が発表された。今回が最後の出演となり、これからはその役目を若手に託していくという。泉谷は次のようにコメントしている。

   ◆   ◆   ◆

■泉谷しげる コメント

本当は、去年を最後にするハズだったが、コロナのせいで中止となり、
コロナ都合であいまいな決着にしたくなかったのさ。
コロナのせいで、勇退するのはシャクだからな!

今年で5回目となり、あの「新阿蘇大橋」もやっと開通して、
一つの区切りで、オレは若いアーティスト、次の世代のアーティストに、
阿蘇ロックを渡したい。
元々、オレの既得権じゃないし、持ち物じゃないんだから(笑)。

また個人的な理由だが、72歳オレの足で、あの山の中、あの急勾配のステージ立地は、
体力的に正直、辛い!!

とは言え、
これからも、何らかのカタチで応援してゆくし、困ったことがあれば、相談にもノルつもり。

とにかく、若い連中に、これからも阿蘇ロックを引き継いでいってほしい。

よろしくな!

阿蘇ロックフェスティバル発起人    泉谷しげる

   ◆   ◆   ◆

熊本地震の発災から5年目を迎えることに合わせて、<阿蘇ロックフェスティバル>の公式YouTubeチャンネルでは、新阿蘇大橋の開通を記念した「SUPER VIEW LIVE」の映像も公開された。同ライブは熊本地震以降、地域の復興を応援しながらイベントを実施してきた<阿蘇ロックフェスティバル>が、“全国の人に音楽とロケーションを組み合わせた爽快感を届け、阿蘇の復興をPRしたい”との思いから企画したもの。Shiki、雅樂千年乃会、くまモンダンス部が開通前の新阿蘇大橋でパフォーマンスを披露した。


▲雅樂千年乃会


▲Shiki


▲くまモンダンス部


「新阿蘇大橋開通記念 SUPER VIEW LIVE」

2021年4月14日(水)12:00〜配信開始
https://youtu.be/9ZXa1nOolZg
出演:Shiki、雅樂千年乃会、くまモンダンス部
※4月14日(水)はショートバージョンを無料配信
※フルバージョンは5月28日(金)に有料配信。詳細後日発表

<阿蘇ロックフェスティバル2021>

開催日程:2021年10月23日(土)、24日(日) ※雨天決行/荒天中止
会場:熊本・熊本県野外劇場アスペクタ

この記事をツイート

この記事の関連情報