ミック・ジャガー、デイヴ・グロール参加の新曲をサプライズ公開

ツイート

ミック・ジャガーが水曜日(4月13日)、フー・ファイターズのデイヴ・グロールと制作した新曲「Eazy Sleazy」をサプライズ・リリースした。

◆「Eazy Sleazy」動画、画像

ミックは、「切望していた楽観的な想いと共に、ロックダウンから抜け出すことについて僕が作ったこの曲をシェアしたかった。デイヴ・グロール、ドラム、ベース、ギターに飛びついてくれて、ありがとう。君との共作はすごく楽しかった。みんなにもEazy Sleazyを楽しんでもらいたい!」と、コメントしている。

彼はまた、『Rolling Stone』誌のインタビューで、こう語った。「パンデミックとパンデミックから抜け出せるという希望、トンネルの先の光ってコーラスが、すぐに浮かんだ。すごくいいサウンドで、“いま出さなきゃ。3ヶ月後だったり半年後じゃ意味がない”って思ったんだ。本当に素晴らしい人と作りたかった。それで、デイヴに電話し、“興味はあるか?”って訊いてみた。彼は、“ああ、すごく退屈しているんだ! やりたい!”って」

グロールは、「ミック・ジャガーとこの曲をレコーディングしたことが、俺にとってどれほどの意味があるか言葉にするのは難しい。夢が叶ったなんてもんじゃない」と、コメントしている。




ミックとグロールがそれぞれのスタジオでプレイするリリック・ビデオが公開された。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報