SiM主催<DEAD POP FESTiVAL 2021>、開催決定

ツイート

SiM主催による野外フェスティバル<DEAD POP FESTiVAL>の2021年の開催が発表された。

<DEAD POP FESTiVAL>は、SiMが“壁を壊す”をテーマに掲げて2010年から開催してきたライブイベントだ。渋谷club asiaでの初開催以来、恵比寿LIQUIDROOM、渋谷O-EAST、新木場STUDIO COASTとその規模を拡大し続け、2015年夏に念願の野外フェスティバル化を成功させた。新型コロナウイルスの影響による2020年公演の中止を経て、今回で11回目の開催となる。

<DEAD POP FESTiVAL 2021>は6月26日(土)・27日(日)の2日間、神奈川県川崎市の東扇島東公園特設会場で開催。この発表に合わせて、チケットの最速先行予約受付が本日4月16日(金)よりスタートする。受付情報や新型コロナウイルス感染症対策ガイドラインなどの詳細はオフィシャルサイトにて。

<DEAD POP FESTiVAL 2021>

日時:2021年6月26日(土)、27日(日)開場9:00 開演12:00(20:00終演予定)
会場:神奈川県川崎市 東扇島東公園特設会場
券種:
6/26入場券 ・ 6/27入場券 各¥8,500
2日通し券 ¥15,800
出演:SiM and more...
総合問合せ:https://www.deadpopfest.com/

▼オフィシャル最速先行予約受付
4月16日(金)17:00〜4月24日(土)23:59 (全券種)
※1人2枚まで(ぴあ電子チケットアプリのダウンロードが必要)

この記事をツイート

この記事の関連情報