【俺の楽器・私の愛機】058「受け継がれるJJ-4」

ツイート

【Moon JJ-4】(東京都 根っこはPUNK 28歳)


父が若き日に買ったというパッシブのMoon JJ-4。
80年代前半製でアッシュにエボニー指板、ブラスパーツ、逆巻ペグ。

今だと中古市場で比較的お手頃に購入できるモデルです。
父の若き日の写真には70年代のFenderJazzBassとの姿があり、当時それを売って新品でJJ-4を購入したという話を聞いて思わず「なんで???!!!」と叫んでしまいました。当時からすると最先端だったんでしょうか…

父はブイブイと”フュージョン”とやらのジャンルを”チョッパー”で弾きこなしていたそうですが、自分はフュージョンもこのベースのルックスもまだあまりしっくりきておらず…笑。元々ついていた謎のピックアップ(楽器屋曰くハーモニックデザイン?)を交換するなど、自分好みにしてより良い関係を模索中。

父は既に他界しておりベース談義することは叶いませんでしたが、このベースが最初のベースとして多くを教えてくれました。物理的にもただただ重いのですが、部屋の隅でズシンと構えるその姿は重さ以上の貫禄があります。



   ◆   ◆   ◆

いい話ですね。「なんで???!!!」はとてもわかりますが、私はお父さんの気持ちも痛いほどわかります。当時は70年代フェンダーはただの中古です。もちろん素晴らしいベースなんですけど、そんな中でシェクターやMoonが最高の材と組み込みと洗練されたパーツで、最高峰と思しきスペックを市場に送り込んできたんです。購入金額も本家フェンダーを凌駕する勢いで。ことスタジオミュージシャンなどがフェンダーを差し置いてこれらを愛用している様子が、各楽器専門誌で頻繁に紹介されていたんですよ。このJJ-4もボディはアッシュの素晴らしいワンピースですね。大事に弾き込んでいってください。(JMN統括編集長 烏丸)

★皆さんの楽器を紹介させてください

「俺の楽器・私の愛機」コーナーでは、皆さんご自慢の楽器を募集しています。BARKS楽器人編集部までガンガンお寄せください。編集部のコメントとともにご紹介させていただきますので、以下の要素をお待ちしております。

(1)投稿タイトル
 (例)必死にバイトしてやっと買った憧れのジャガー
 (例)絵を書いたら世界一かわいくなったカリンバ
(2)楽器名(ブランド・モデル名)
 (例)トラヴィス・ビーン TB-1000
 (例)自作タンバリン 手作り3号
(3)お名前 所在 年齢
 (例)練習嫌いさん 静岡県 21歳
 (例)山田太郎さん 北区赤羽市 X歳
(4)説明・自慢トーク
 ※文章量問いません。エピソード/こだわり/自慢ポイントなど、何でも構いません。パッションあふれる投稿をお待ちしております。
(5)写真
 ※最大5枚まで

●応募フォーム:https://forms.gle/XX72yo6Ph3BwqQHE9

◆【俺の楽器・私の愛機】まとめページ
この記事をツイート

この記事の関連情報