WANIMA、東京2020 NIPPONフェスティバル主催プログラム「わっさい」に楽曲提供

ツイート

WANIMAが、東京2020 NIPPONフェスティバル主催プログラム「わっさい」に楽曲を提供することを発表した。タイトルは「和心」で、「わっさい」の公式サイトでは本日4月19日より同曲にのせたダンス動画が公開される。

東京2020 NIPPONフェスティバルは、2021年4月頃から9月頃にかけて実施される東京2020大会の公式文化プログラム。「わっさい」では7月18日、オンラインで世界中の人々が文化交流できる“お祭り”が開催されるという。

WANIMAが同プログラムに提供する「和心」は、和楽器を取り入れたアレンジも聴きどころの一曲。“オンラインで世界を「わ」にする”踊りの振り付けはアオイヤマダと高村月が担当した。

   ◆   ◆   ◆

■KENTA(Vo,B)メッセージ

「和心」を東京2020 NIPPONフェスティバル「わっさい」に提供できる事となり非常に嬉しく思っております。日々状況が変わる生活の中ではありますが変わらず日本に溢れる和の心を大切にしたいと思いました。

少しでも和を感じて頂けるように和楽器奏者の皆さんの力をお借りして曲が出来上がりました。「和心」と「わっさい」で生まれる「和」が世界の皆さんに届き、大きな「輪」になるよう歌えたら幸いです。

   ◆   ◆   ◆

東京2020 NIPPONフェスティバル主催プログラム「わっさい」

プログラム:
開催日時:2021年7月18日(日)日本時間18:00〜(予定)
開催方法:バーチャルなオリンピックスタジアムを舞台としたオンライン生配信(一部収録)
視聴方法:組織委員会公式チャンネルを通して配信を計画中
参加方法:事前にイラストを投稿すると、イラストが当日「わっさい」に登場します

イラストによる参加方法:
イラスト投稿サイト
・日本語サイト https://wassai-join.tokyo2020.org/jp/
・英語サイト  https://wassai-join.tokyo2020.org/en/
応募期間:2021年4月19日(月)~6月20日(日)
応募上の注意:それぞれが思い描く架空のいきものを描いて、その描いたイラストを写真またはスキャンにて、応募フォームよりアップロード。必要事項を記入の上、応募してください。既存のキャラクターと同一のものや類似したイラストは応募無効となります。

※プログラムの詳細や視聴方法、当日の出演者等の詳細は後日発表

この記事をツイート

この記事の関連情報