マイ・ケミカル・ロマンス、再結成ツアーを2022年に延期

ツイート

マイ・ケミカル・ロマンスが今年予定していたツアーの全日程を2022年に延期した。彼らは2019年秋に再結成を発表し、LAで特別公演を開催。その後、2020年3月から世界ツアーを行う予定だったが、パンデミックの影響を受け、いまだ開始できずにいる。2度目の延期となった。

◆マイ・ケミカル・ロマンス画像

バンドは先週終わり(4月16日)、「2021年のツアー計画を2022年まで延期する。とても悲しいが、この1年の苦悩と喪失を目にし僕らみんなが体験してきたことに比べたら些細なものだ。みんなの安全を確保したい。がっかりさせてしまったら、申し訳ない。2022年に会えるのを本当に楽しみにしている」との声明を出した。

現時点、ツアーは2022年3月にニュージーランドでスタート予定。5~6月にヨーロッパを周り、9~10月に北米ツアーを開催する。



マイ・ケミカル・ロマンスは、2020年3月に開催されるはずだった<Download Japan 2020>で来日する予定だった。

ベーシストのマイキー・ウェイは昨年5月、「ファンが(リユニオンを)長いこと待ち続けていたのはわかってる。でも、これが全て収束したとき、そこにあるんだよ」「誰にだって計画はあった。自己中にならないようにしてるんだ。誰だってやろうとしてたことがある。バンドにいようが、監督だろうが、店員だろうが、庭師だろうが、みんな、計画があった。それがメチャクチャになったんだ」「ライブ・ミュージックはどこにも行かない。一時停止しているだけだ」「トンネルの先には光がある」と話していた。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報