MSTK™、LiSA「炎」カバー動画で新ドラマー初披露「俺ららしい太いサウンドに」

ツイート

MASATAKAこと藤重政孝率いるMSTKが自身のオフィシャルYouTubeチャンネルにLiSA「炎」のカバー動画を公開した。題して、『「炎 / LiSA」プロミュージシャンがアレンジしてみた』だ。

◆MSTK™ 動画 / 画像

美しくしなやかな旋律に、MSTK本来のレンジの広さがミックスされた「炎」カバーは、原曲への敬意を感じさせつつ、MSTK流のバンドアレンジが施されたもの。より起伏に富んだドラマティックな仕上がりは彼らならではのものだ。動画では新加入となったTETSUYAのドラムプレイも初披露されている。

以下に、メンバーから到着したコメントをお届けしたい。なお、『プロミュージシャンがアレンジしてみた』企画は4月30日に新たなカバー動画が公開される予定だ。

   ◆   ◆   ◆

──映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』主題歌であるLiSAの「炎」を『プロミュージシャンがアレンジしてみた』企画第一弾に選んだ理由は?

MASATAKA (Vo):素晴らしい曲だったから。候補曲が幾つかある中、MSTKが演ってみた世界が、描きやすかったというのもあると思います。

AZ (G):初めて打ち合わせをした際に、「カバーするなら女性ボーカルの曲がいい」っていう意見を出させていただきました。あとはメンバーからいろいろ候補曲が上がったので、楽しかったですね。

JIN (G):幅広い年代の方に支持された曲で、ロックバラードとしてカッコよく、MSTKで演奏してみたかったからです。

O.N.Z.B (B):エー曲ヤカラ。

TETSUYA (Dr):年齢の小さな子から大人まで知られている名曲を、敢えてMSTKスタイルでバンドカバーとしてチャレンジしてみたくて選んだ。

──原曲の魅力を残しながら、MSTKらしいアレンジが施されていますが、カバーのポイントや聴きどころについて教えてください。

MASATAKA :原曲は原作アニメに沿っての縛りがあるが、その世界は残しつつも、俺ららしいもっと太いサウンドになったと思います。

AZ:“カバーするなら、最大限のリスペクトを”と思っております。MSTKらしさが出てると思います。

JIN:原曲をリスペクトしつつ、MSTKらしく太い音で繊細にまとめてます。

O.N.Z.B:ヨリエモイトコロ。

TETSUYA:原曲にリスペクトを持ちつつ、メンバーの個性を活かしたスペーシーで太いロックナンバーになっています。

──白ホリスタジオでの演奏シーンをメインに構成された映像はシンプルな仕上がりです。観どころをピックアップすると?

MASATAKA:新メンバーTETSUYAの爽やかさ(笑)。

AZ:MSTKとしてはクールすぎませんかね?って思ってますが、アウトロのAZの一瞬カメラ目線になるトコはカットしてほしいす(笑)。

JIN:O.N.Z.B.と新加入のTETSUYAの爽やかな衣装かつクールな表情と、僕のギターソロ(笑)。

O.N.Z.B:ワイノ爽ヤカナ衣装ヤナ。

TETSUYA:O.N.Z.Bの爽やかな衣装。

──最後に、MSTKファンへメッセージをお願いします。

MASATAKA:意表を突いた選曲も飛び出すシリーズ企画です。乞うご期待!

AZ:改めまして、『アレンジしてみた』企画いかがでしたでしょうか。これからもオリジナルのリリースと並行して、カバーもぜひやっていきたいので「この曲やってほしい」ってのがありましたら、ぜひリクエストくださーい!

JIN:令和を代表するナンバーをMSTKとしてカッコ良い作品に仕上げてますので、ぜひ聴いて観てください!!

O.N.Z.B:MSTKガアレンジシタラコンナンナリマシタ。

TETSUYA:「炎」のカバーからドラムとして参加できて、みんなとの初めての作品です。ぜひ沢山の人に観てもらえたら嬉しいです。

   ◆   ◆   ◆


この記事をツイート

この記事の関連情報