楽器人(がっきびと)が沖縄上陸(?)、きいやま商店の「がっきんちゅ」始動

ツイート

「音楽を聴くだけなんてもったいない」という思いを胸に、2021年4月1日にオープンした楽器の総合情報メディア「楽器人(Gakki Beat)」ですが、サービス開始して一ヶ月に満たないこんなタイミングで、早速とても力強い仲間の協力を得ることができました。石垣島が誇るきいやま商店とのコラボ企画のスタートです。

きいやま商店とは、石垣島出身の従兄弟・兄弟で結成されたエンタメバンドで、きいやま商店というバンド名は、3人のおばあちゃんが石垣島で営んでいたお店の名前から命名されたもの。石垣島で生まれ育ったネイティブな沖縄ヴァイヴスは、メロディや歌詞はもとより、その音楽が織りなすハッピーバイブをそのまま生み出しており、老若男女を笑顔にさせてくれる日本の宝のような連中だ。


▲左からリョーサ(兄)、だいちゃん(いとこ)、マスト(弟)

そんな彼らがスタートしたのが、公式YouTubeに公開した石垣~沖縄の楽器や演奏にまつわる様々な音楽文化を伝えようという動画連載企画…その名も「楽器人(がっきびと)」ならぬ「楽器人(がっきんちゅ)」である。



第一回目は、沖縄の代表的な楽器「三線」にスポットを当て、その魅力を伝えるもの。彼らが今回足を運んだのは、読谷村にある三線工房まちだ屋という楽器工房だ。でも三線を通して伝わってくるのは、音楽の楽しさ、演奏の喜び、そしてきいやま商店の屈託のないおもしろさ。これは全国民、要チェックです。


◆きいやま商店 公式YouTube
◆読谷村 三線工房まちだ屋-MACHIDAYA-



この記事をツイート

この記事の関連情報