サウス・ロンドンの才媛“ルシンダ・チュア”、名門4ADと契約&新曲「Until I Fall」公開

ツイート

アンビエント〜エクスペリメンタルの米名門Krankyより、 クリス・サマーリンとのデュオ、フェリックスでデビューし、現在はソロ・アーティストとして 活躍するシンガー・ソングライター、作曲家、プロデューサー、マルチ奏者であるルシンダ・チュアが 4ADとの契約を発表。新曲「Until I Fall」をウィリアム・ケネディが監督を務めたMVとともに公開した。

◆ルシンダ・チュア 関連動画&画像


今回配信された「Until I Fall」は、4AD移籍後第一弾作品にして、ソロ2nd作品となる「Antidotes 2」に収録。2019年に自主リリースしたデビューEP「Antidotes 1」と姉妹作品となる本作は、クラシック音楽をバックグラウンドにチェロとエレクトロニックな実験音楽、そして滋味深い彼女の歌声を軸にチュアのユニーク な音のボキャブラリーを拡大したもので、サブリミナルなテクスチャーがお互いに混ざり合っては夜の帷に 消えていく美麗な作品。「Antidotes 2」は5/7に配信され、8/13には「Antidotes 1」と「Antidotes 2」の両方のEPをカップリングしたヴァイナル・エディション「Antidotes」が世界同時発売。本日より各店にて随時予約がスタートとなる。


『Antidotes』

2021年8月13日(金)
BEAT RECORDS / 4AD
LP 輸入盤
4AD0349LP
\ 2,460 +tax
BEATINK.COM:
https://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=11828

◆Beatink オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報