『幻想水滸伝』オンラインコンサート、連続配信フィナーレ。第4週の見どころを解説

ツイート

ゲーム音楽交響楽団「JAGMO(JApan Game Music Orchestra)」によるオンラインコンサート<幻想水滸伝 25th Anniversary Symphonic Concert Online>が、4月4日(日)、11日(日)、18日(日)、25日(日)に開催される。

2020年10月より開催された<幻想水滸伝 25th Anniversary Symphonic Concert>は、『幻想水滸伝』の発売25周年を記念して同シリーズの音楽にスポットを当てたコンサートツアーだ。今回のオンラインコンサートでは、それぞれ異なるプログラムで行われた全4公演が再演される。

本稿ではJAGMOプロデューサー山本和哉氏による解説で、4月25日(日)に配信される<幻想水滸伝 25th Anniversary Symphonic Concert Online -Episode of Luc->の見どころや、配信をより一層楽しむための制作秘話をお届けする。

   ◆   ◆   ◆

■<幻想水滸伝 25th Anniversary Symphonic Concert Online -Episode of Luc->公演プログラム
・Episode of Ted -Rune of Life and Death-
・Episode of McDohl
・Episode of Luc
 第一楽章『天間星ルック』
 第二楽章『彼方の星』
 第三楽章『仮面の神官将』
 第四楽章『真なる風の紋章』

   ◆   ◆   ◆

これまで3回にわたってお送りしてきた<幻想水滸伝 25th Anniversary Symphonic Concert Online>ですが、いよいよ今週末(2021.4.25)に最終回を迎えます。今回のプログラムは、数あるキャラクターの中でも特に人気の高い3名に焦点を当てた内容になります。公演前半では“ソウルイーター”に翻弄されたキャラクターたちの姿を様々な角度から描きます。そして今回の公演の大トリを飾る「Episode of Luc」では、『幻想水滸伝』〜『幻想水滸伝III』まで3作にわたって登場する“ルック”というキャラクターの生涯を渾身のピアノコンチェルト形式でお届けします。

●Episode of Ted -Rune of Life and Death-

今回1曲目にお届けするのはソウルイーターをその身に宿し、数百年もの間その呪われた運命とともに生き続けた“テッド”にフォーカスしたメドレーです。この楽曲ではテッドの生涯を描く作品にしたかったので、ゲームをプレイする際のシナリオ順ではなく、シリーズ内でテッドが登場するシーンを、ゲーム内での年代別に並べ替えた楽曲構成をとりました。具体的には、『幻想水滸伝』の終盤にぼっちゃんたちが訪れることになる“隠された紋章の村”での幼少期のテッドのシーンからメドレーがスタートします。テッドは幼少時代に、ウィンディからソウルイーターを守るためにソウルイーターをその身に宿すことになります。その後『幻想水滸伝IV』において群島諸国近海での、150年ほど生きたテッドとのシーンに変わります。幽霊船に乗り海洋を放浪しているイメージを「輝ける海よ!空よ!」とともにお届けします。その後また『幻想水滸伝』に戻り、ぼっちゃんの親友として登場するグレッグミンスターでのシーンへと続きます。ラストシーンはストーリー上のエンディングではなく、テッドの最期で終了するため、レクイエム的な属性の強い静かな曲調で楽曲も終わります。自分の意思でソウルイーターからの解放を選んだ(=死を自ら選択した)という部分から、最後は悲痛な和音ではなく、安らかな明るいハーモニーで締めくくられます。

●Episode of McDohl

次にお送りする楽曲は、幻想水滸伝初代主人公“ぼっちゃん”とその父親“テオ”の物語を描いたメドレーです。テッドよりソウルイーターを受け継いだぼっちゃんは、その紋章の呪いから、身近な人間を次々に失っていきます。親子の信頼関係や、息子の成長を喜ぶ父の姿や、またマクドール家の身近な人物たちの心境等にも焦点を当て、幻想水滸伝というストーリーを回想できるような構成をとりました。楽曲はグレッグミンスター城よりスタートします。古典フルートコンチェルトを思わせる技巧的でクラシカルな編曲をお楽しみください。その後は帝国と徐々に対立してゆくぼっちゃんの姿と、その中で徐々に成長してゆく様子をストーリーに沿って描きつつ、戦争、そして父との対決へと向かってゆきます。ソウルイーターの無慈悲さを象徴するように、「悲しみのテーマ」が繰り返し演奏されます。父の死を乗り越え、解放軍リーダーとして最終決戦に向かうぼっちゃんの成長と覚悟を感じさせる重厚なオーケストレーションによるクライマックスも必聴です!

●Episode of Luc

今回の公演ツアーの最後を締めくくるのは『幻想水滸伝』〜『幻想水滸伝III』に登場し、真なる風の紋章に翻弄され続けたシリーズ屈指の人気キャラクター“ルック”にフォーカスし、3作品にわたって描かれた彼の生き様を表現した4楽章形式の楽曲です。この組曲ではピアノコンチェルトの形式を取っています。また、2楽章は完全なピアノ独奏で展開し、その他各楽章にもカデンツァが登場し、ルックやレックナートのテーマである「彼方の星」を中心に、自由な変奏が繰り広げられます。内容は概ね第一楽章が『幻想水滸伝』、第二楽章が『幻想水滸伝II』、そして第三、四楽章が『幻想水滸伝III』の内容になっています。ラフマニノフのピアノコンチェルトを彷彿とさせるロマンティックで円熟した渾身のオーケストレーションを是非お楽しみください!

・第一楽章『天間星ルック』

この楽章では主に『幻想水滸伝』にて初登場するルックの姿を描きます。レックナートの弟子としてぼっちゃんたちと関わることになります。若く生意気な少年時代のルックを描いていますが、これから待ち受ける過酷な運命の片鱗を象徴するかのように冒頭は「おだやかな日々へ」のモチーフから静かに始まります。魔術師の塔での出会いに始まり、解放軍の一員としてぼっちゃんとともに戦う姿を中心に描いてゆきます。

・第二楽章『彼方の星』

この楽章は『幻想水滸伝II』に登場する楽曲を使用したピアノ独奏で展開されてゆきます。甘美な旋律を伴い穏やかな調子で楽曲は進んでいきますが徐々に暗さが見え隠れし始め、『幻想水滸伝III』での辛い運命へ続いてゆく様子を表現します。彼方の星や過ぎた日々等、『幻想水滸伝II』を代表する名曲の数々が徐々に変容してゆく美しい音楽をご堪能ください。

・第三楽章『仮面の神官将』

この楽章から『幻想水滸伝III』のストーリーを描いてゆきます。楽曲構成は概ねルック編のストーリーに沿った形で進んでゆきます。ロマン派の循環形式を思わせる楽章を超えた様々なモチーフの登場や展開が緻密に組み上げられてゆきます。例えばこの楽章の冒頭では「彼方の星」と「箒星の行方」がマッシュアップされ、レックナートとルックの会話を表現してゆくなど、示導動機(ライトモチーフ)的な楽曲構成がなされています。その後、『幻想水滸伝III』のテーマ「愛を超えて」が、ピアノコンチェルト的に展開されてゆきます。その中にも時折「彼方の星」の顔が見え隠れします。また、続く「大空洞」ではピアノトリオの編成で楽曲が展開し、ソロパートが用意されていますが、そのソロ中にもまた「彼方の星」の旋律が見え隠れします。常に真の27の紋章から逃れられない心の葛藤を感じていただけたらと思います。

・第四楽章『真なる風の紋章』

最後を締めくくるこの楽章ではラスボスとして主人公たちの前に現れるルックとラストバトルからエンディングまでを描きます。ラスボス曲である「最後の勝負」が大迫力で演奏され、その後第一楽章の冒頭でも演奏された「おだやかな日々へ」へと進行していきます。楽曲はラフマニノフのピアノコンチェルト2番の第三楽章を思わせる耽美で濃厚な旋律を伴って徐々に高まりを見せてゆきます。明るさや暗さを織り交ぜた展開で徐々にラストシーンへと向かってゆく様子からルックの魂の救済を感じていただけると幸いです。感動のクライマックスをお楽しみください!


また、本公演では主にオーケストラの映像でお届けするメイン配信と別に、全編ゲーム画面で構成されたボーナス配信も同時に行います。フルミックスされたオーケストラ音源を聴きながら、それぞれのキャラクターのストーリーをゲーム画面で再構築した今回限りのボーナス映像も是非合わせてお楽しみください!

   ◆   ◆   ◆

<幻想水滸伝 25th Anniversary Symphonic Concert Online>

2021年4月4日(日)
<幻想水滸伝 25th Anniversary Symphonic Concert -for the 108 Stars of Destiny>
メインコンサート配信 開演/18:00 終演/20:00
ボーナスコンサート配信 開演/21:30 終演/23:30

2021年4月11日(日)
<幻想水滸伝 25th Anniversary Symphonic Concert -Episode of Jowy->
メインコンサート配信 開演/18:00 終演/20:00
ボーナスコンサート配信 開演/21:30 終演/23:30

2021年4月18日(日)
<幻想水滸伝 25th Anniversary Symphonic Concert -Chamber Orchestra of Suikoden->
コンサート配信 開演/18:00 終演/19:30
※-Chamber Orchestra of Suikoden-にはボーナスコンサート配信はございません。

2021年4月25日(日)
<幻想水滸伝 25th Anniversary Symphonic Concert -Episode of Luc->
メインコンサート配信 開演/18:00 終演/20:00
ボーナスコンサート配信 開演/21:30 終演/23:30

※各配信終了後、アーカイブ配信期間がございます。詳細は特設サイトでご確認ください。

チケット(税込):
全公演通し券:¥14,300
(メインチケット4公演分、及びボーナスチケット3公演分のセット)

2021年4月4日(日)<幻想水滸伝 25th Anniversary Symphonic Concert -for the 108 Stars of Destiny>
メインチケット:¥3,850
ボーナス配信付きチケット:¥4,950

2021年4月11日(日)<幻想水滸伝 25th Anniversary Symphonic Concert -Episode of Jowy->
メインチケット:¥3,850
ボーナス配信付きチケット:¥4,950

2021年4月18日(日)<幻想水滸伝 25th Anniversary Symphonic Concert -Chamber Orchestra of Suikoden->
メインチケット:¥3,850

2021年4月25日(日)<幻想水滸伝 25th Anniversary Symphonic Concert -Episode of Luc->
メインチケット:¥3,850
ボーナス配信付きチケット:¥4,950

チケット購入: https://thumva.com/events/d1wFsd5qMQv8vYN

主催:株式会社レゾナージュ
演奏・企画・運営:JAGMO
プロデュース:山本和哉
協力:株式会社コナミデジタルエンタテインメント

この記事をツイート

この記事の関連情報