黒田卓也、10分間一本勝負のトーク映像シリーズ最新エピソード公開&ゲストは松浦俊夫と社長(SOIL&“PIMP”SESSIONS)

ツイート

2014年、USブルーノート初の日本人アーティストとしてメジャー・デビュー。以降ニューヨーク・ブルックリンを拠点にワールドワイドな活躍を続け、日本ではMISIAのサポートを務めたり、InterFM897でレギュラー番組「黒田卓也のムーンフライト」を担当するなど、ジャンルを自由に横断しながら活躍を続けるジャズ・トランペッターの黒田卓也。

◆黒田卓也 関連動画&画像


その黒田がホストを務めるトーク映像シリーズ「黒田卓也のTAKE10」の最新エピソードが、ユニバーサルミュージックの公式YouTubeチャンネルにて公開された。この企画は、黒田卓也がジャンルを問わず気になるゲストを招き、毎回テーマを決めて10分間・ノーカット&編集無しの一本勝負でトークを繰り広げるもの。昨年末に公開されたシリーズ1(全3回)では、かねてから交流のあるSOIL&"PIMP"SESSIONSの社長をゲストに招き、同世代ならではの気さくなトークでジャズの魅力をわかりやすく解説した。

シリーズ2では、DJ/選曲家/プロデューサーの松浦俊夫と、前回に引き続き社長をゲストに迎える。第1回目のテーマは「松浦俊夫がジャズにハマった5曲」。90年代初頭からクラブジャズ・シーンの最前線で世界を舞台に活躍を続ける松浦俊夫。彼のルーツとなる、ジャズとの出会いの5曲が当時の思い出とともに紹介されている。

20201年4/月30日(金)、5月7日(金)にも新エピソードが公開予定。尚、Amazon Musicでは毎回、エピソードに関連した特別限定プレイリストを公開。トークに登場するアーティスト等の音源をまとめて聴くことができる。

また、黒田卓也、松浦俊夫、SOIL&"PIMP"SESSIONSの3組は、5月15日(土)、16日(日)に秩父ミューズパークで開催される新生代ジャズフェスティバル<LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL JAPAN>に出演が決定している。

<LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL JAPAN>

2021年5月15日(土)、16日(日)
埼玉県・秩父ミューズパークにて開催
公式サイト:lovesupremefestival.jp


『フライ・ムーン・ダイ・スーン』

好評発売中
UCCU-1641 \2,750 (tax in)
ユニバーサルミュージック
購入・試聴はこちら https://jazz.lnk.to/kurodatakuya_fmdsPR

■トラックリスト
1.フェイド / Fade
2.ABC / ABC
3.チェンジ / CHANGE
4.ドゥ・ノー・ホワイ / Do No Why
5.フライ・ムーン・ダイ・スーン / Fly Moon Die Soon
6.ムーディ / Moody
7.スイート・スティッキー・シング / Sweet Sticky Thing
8.テル・ミー・ア・ベッドタイム・ストーリー / Tell Me A Bedtime Story
9.TKBK / TKBK
10.ドゥ・ノー・ホワイ (YonYon & MELRAW Rework) / Do No Why (YonYon & MELRAW Rework)*
*ボーナス・トラック

◆黒田卓也 オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報