AYANE SHINO、クラシックとエレクトロニックミュージックをつなぐ才女デビュー

ツイート

クラシックとエレクトロニックミュージックをつなぐAYANE SHINOがデビューする。

◆AYANE SHINO 関連画像


2015年に惜しくも他界したジャパニーズ・テクノのパイオニアSusumu Yokota。本作は彼の残した名作アルバム『Sakura』へのオマージュである。オリジナル・アルバムはSusumu Yokota自身のレーベルであるSkintoneから2000年にリリースされた傑作。海外でも多くのファンを魅了し続け、彼の死後もその評価は高まるばかりだ。

2021年現在、一人の才能ある女性ギタリストが彼の作品に感銘を受け、クラシック・ギター一本でカバーを試みたのが本アルバムだ。彼女の名前はAYANE SHINO。東京藝術大学大学院博士後期課程を修了し、大学在学中学内成績優秀者に贈られる安宅賞などを受賞した才女だ。Susumu Yokotaのエレクトロニック・サウンドを見事なまでにギターで表現したアンビエント・ミュージック、あるいは現代音楽的ともいえる表情豊かな感性はリスナーを無条件に惹きこむことだろう。本作のデモを聴いた海外レーベルからもオファーが殺到。Susumu Yokotaとクラシック・ギターといった驚きのマッチングが実現した大注目アルバムだ。高田みどりや深町純ほか、傘下レーベル「WRWTFWW」による活発な日本人アーティスト作品の世界発売でも注目を集めるスイスの老舗レーベル「メンタル・グルーヴ」からのリリースを計画している。
なお、2021年4月28日(水)20時30分から発売記念ライブの配信を、インスタグラムで配信する。1本のギターとルーパーを使った一発演奏のライブ超絶テクニックは要チェックだろう。


『The timbre of guitars #1 Susumu Yokota ”SAKURA”』

2021年4月28日(水)
MMCD 20039 2200円(税込)

■TRACKLIST
1.Saku
2.Tobiume
3.Hagoromo
4.Genshi
5.Kodomotachi
6.Shinsen

◆AYANE SHINO オフィシャルサイト
◆AYANE SHINO Twitter
この記事をツイート

この記事の関連情報