いきものがかり、「きらきらにひかる」をテーマとした小説『星屑の子』を内田英治監督が映像化

ツイート


いきものがかりの楽曲「きらきらにひかる」をテーマにしたショートフィルム『星屑の子』が初公開された。

昨年ソニー・ミュージックエンタテインメントが運営する小説投稿サイトmonogatary.comで実施されたコンテスト「モノコン2020」にて、杏仁五月が「きらきらにひかる」をテーマに応募した小説『星屑の子』が、今回のショートフィルムの原作となっている。その世界観とストーリーから「いきものがかり賞」を受賞し、今回の映像化が決定した。映像の監督を務めたのは「全裸監督」や「ミッドナイトスワン」を手掛けたことでも話題になり、日本アカデミー賞を受賞している内田英治監督。作品は、米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭、<ショートショート フィルムフェスティバル & アジア>(略称:SSFF & ASIA)2021において、先行スタートする映画祭オンライン会場のオープニング作品として全世界公開された。<ショートショート フィルムフェスティバル & アジア>の公式YouTubeチャンネルでも視聴できる。





なお、今作品は全編ソニーのスマートフォンXperia™で撮影されたことも明らかになっている。その臨場感あふれる作品について水野良樹は、「自分達の楽曲をきっかけに小説を作っていただき、内田監督に届き、新たな作品ができるということに素直に驚いています」、山下穂尊は「今の時代、とうとうスマホで映画ができてしまうんだということに感動しました」、吉岡聖恵は「まさか、『きらきらにひかる』があんな世界になるとは思っていなかったです」と述べ、また監督を務めた内田英治は「スマートフォンでの撮影は初めてでしたが、楽しんで作品を作ることができました。いきものがかりの『きらきらにひかる』のイメージに重ねて不思議な感じの映画になっています」とそれぞれコメントした。

【『星屑の子』概要】

原作:杏仁五月 https://monogatary.com/story/86452 
オリジナルコンセプト:「きらきらにひかる」作詞作曲 水野良樹(いきものがかり)https://youtu.be/AKICeCLHLsw 
監督:内田英治 / 撮影:伊藤麻樹 / 脚本:内田英治、イ・ナウォン
キャスト:マルタ:中村榛 / セネブ:南出凌嘉 / ベラ:菊地麻衣
作品ジャンル:SF・ファンタジー /尺:24分
【あらすじ】
いきものががりの楽曲「きらきらにひかる」をテーマにした小説をmonogatary.comの企画で一般募集。本作はその受賞作品
『星屑の子』の映像化である。
呪われし子と呼ばれ太陽の国を追われた少年マルタ。森をさまよい辿りついた星の国で神様に仕える星屑の子達と出会う。星屑の子は美しく清廉潔白でなくてはならない。今年の御子であるセネブや、ベラや子供達と交流を深めるマルタ。だが、15歳になった
御子は七夕になると・・・

この記事をツイート

この記事の関連情報