BREEZEが古関裕而の名曲を歌うアルバム、配信スタート

ツイート

ジャズコーラスグループ・BREEZEによる配信アルバム『古関裕而をうたう』が本日4月28日(水)にリリースされた。

◆BREEZE 画像

今作では、2020年度前期の連続テレビ小説『エール』の主人公のモデルとなった古関裕而が作曲した名曲の数々が、厚みのある美しいハーモニーと新たなアレンジで蘇る。

収録曲は「船頭可愛や(オリジナル歌手:音丸)」「高原列車は行く(オリジナル歌手:岡本敦郎)」「フランチェスカの鐘(オリジナル歌手:二葉あき子)」「イヨマンテの夜(オリジナル歌手:伊藤久男)」「長崎の鐘(オリジナル歌手:藤山一郎)」の5曲。

「長崎の鐘」は被爆者としての体験をもとに長崎医大の永井隆博士が著したベストセラー『長崎の鐘』『この子を残して』をサトウハチローが平明で感動的に作詩した作品で、曲の終わりには、永井から贈られた短歌に古関が曲を付けた「新しき朝の」が歌われている。

■BREEZE『古関裕而をうたう』


▲『古関裕而をうたう』

2021年4月28日(水)配信スタート
1.船頭可愛や
作詩:高橋掬太郎/作曲:古関裕而/編曲:中村マナブ(オリジナル歌手:音丸)
2.高原列車は行く
作詩:丘 灯至夫/作曲:古関裕而/編曲:中村マナブ(オリジナル歌手:岡本敦郎)
3.フランチェスカの鐘
作詩:菊田一夫/作曲:古関裕而/編曲:中村マナブ(オリジナル歌手:二葉あき子)
4.イヨマンテの夜
作詩:菊田一夫/作曲:古関裕而/編曲:中村マナブ(オリジナル歌手:伊藤久男)
5.長崎の鐘(「新しき朝の」入り)
作詩:サトウハチロー/作曲:古関裕而/編曲:中村マナブ(オリジナル歌手:藤山一郎)

演奏
ピアノ:森田 潔/ベース:山田晃路/アコーディオン:田ノ岡三郎/ギター:堤 博明

商品サイト
https://columbia.jp/artist-info/breeze/

配信リンク
https://VA.lnk.to/xJHMhMIC

◆BREEZE 特設ページ
この記事をツイート

この記事の関連情報