Kvi Babaがワイヤーで宙吊りに、新曲「Tear Wave」MV公開

ツイート

Kvi Babaが4ヶ月連続リリース第1弾シングル「Tear Wave(Prod. BACHLOGIC)」を本日4月30日に配信リリース。そのミュージックビデオがYouTubeにて公開された。

◆ミュージックビデオ

「Life is Short」でもタッグを組んだ柿本ケンサクが監督した今回のミュージックビデオは、「自分と向き合い、自身の中の醜い部分も含めて前へ進み、新たな自分へ生まれ変われ」という楽曲に込められたメッセージを映像化したもの。

ベッドの上に座るKvi Babaが「自分を拘束する不自由な力」の象徴として具現化されたハーネストを装着し、ワイヤーで宙吊りされ飛翔と落下をくり返すシーンにより、操り人形のような過去の自分を表現。ハーネストを外し、置かれていたベッドを立て掛ける姿で過去を断ち切り前に進んでいく様を演出している。



柿本ケンサク コメント

人間は不完全な肉体を持って生まれて、不完全なまま人生を生き、死をもって完全な状態へと孵化していく。
この歌は人間の存在をまるで空から見る景色の様に俯瞰して観察し、紡ぎ出された楽曲だ。
そこには痛みが伴う。その痛みが、人の弱さに寄り添う。
蚊の鳴くような声で、必死に叫んでいるその声を聞いて欲しい。

New Single「Tear Wave(Prod. BACHLOGIC)」

2021年4月30日(金)デジタルリリース
配信リンク:https://lnk.to/7WEUFELW

この記事をツイート

この記事の関連情報