【ライブレポート】中澤卓也、歌手人生の原点へ

ツイート

中澤卓也が5月5日、地元・新潟県長岡市のアオーレ長岡 アリーナにて<中澤卓也コンサートツアー2021 〜約束〜>新潟公演を行なった。本公演は、緊急事態宣言の発令により延期となったツアー初日の振替公演。中澤は17歳の時に同会場で行なわれた『NHKのど自慢』に出場してチャンピオンとなり、放送を見ていた日本クラウンのディレクターにスカウトされたことがきっかけで歌手デビューしており、デビューから5年目にして歌手人生の原点の場所で行なった初アリーナワンマンライブとなった。

◆ライブ画像

幕開きは前日の東京駅から会場入りまでの道中に撮影された密着VTRからスタート。自身の生い立ちから歌手デビューに至るまでの話、そして、この会場は夢を掴んだ大切な場所であり、ここでプロ歌手としてソロコンサートを行なうことは上京時に胸に刻んだ自分との約束だったと語った。

ステージ中央に立った中澤にピンスポットが当たると、1曲目に最新曲「約束」のサビをアカペラで披露。「会えなくても、僕達は繋がっている」という自身の想いも込めた心と心を結ぶメッセージソングは、客席からのすすり泣く声を誘発した。最新曲に続くデビュー曲「青いダイヤモンド」で一気に客席のボルテージが上がり、声を発することができない中でも興奮と喜びを中澤に伝えるため、ペンライトを必死で振るファンの姿が見られた。その後のMCではチャップリンを思わせる扮装をしたベテラン司会者の牧野尚之が登場し、2人で軽妙なトークを繰り広げた。


「初めての君」「彼岸花の咲く頃」と、2曲続けてしっとりと歌謡曲を聴かせたあとは、客席センターに配置されたステージに移動。『NHKのど自慢』に出演した時につんく♂がゲストだったことからアコースティックギター1本で「シングルベッド」(シャ乱Q)を歌い、「バンザイ〜好きでよかった」(ウルフルズ)ではルーパーで自身のギターの音をパーカッションのように入れて音を刻み、ステージが回転し、客席全方向の手拍子を誘い盛り上げるという演出を繰り広げた。

続いて本人は苦手だと語るダンスに挑戦。その言葉通り拙いダンスながらも母性本能をくすぐる「抱きしめてtonight」に続き、過去の歌唱時に業界関係者からの評価も高かった難曲「君は薔薇より美しい」を披露し、ステージには花火が噴射される演出が施された。


またジャンルの架け橋となることを目標としてデビューした中澤ならではの演出も。フロートに乗り込んでスタンド席の観覧者の目線まで上がり、オリジナルの中でもアップテンポな「俺の愛だから」「冬の蝶」「江の島セニョリータ」「青山レイニーナイト」と会場内を移動し、演歌・歌謡曲チャートにランキングされる歌手のワンマンライブとしては異例の光景を見せた。


ステージに戻った中澤は、カップリングの中でも抜群の人気を誇るバラード「東京タワー」で25歳が歌う歌謡曲とは思えない成熟した歌声で会場の空気を一変。「泣かせたいひと」「心変わり」「黄昏に」では、3曲の世界観を表したストーリー仕立てのナレーションとともに楽曲を届けた。

続いて、コロナ禍以前に発売しオンラインなどでも歌い続けてきた「北のたずね人」を歌唱。そして、「この会場とこの曲がレーシングドライバーの夢を諦めざるを得なかった時の自分に希望の光を当ててくれた」と語り、『NHKのど自慢』に出場した際の思い出の曲「さくら(独唱)」を披露し、地元のファンの涙を誘った。


鳴りやまない拍手の中、「ち〜む中澤」とデコレーションされたTシャツとデニム姿でアンコールに登場した中澤は、自身が作詞した中で初めて商品化された「ありがとうあなたへ」(ペンネーム・里実徹也で作詞)を1曲目に披露。

今日のステージが最高に楽しかったと言わんばかりに「終わりたくねぇなぁ…」としみじみし、「会いたい人に会えないことも、やりたいのにできないこともあるけど、こんな時代だからこそ強く感じることができるものもある」という前向きな希望と、今日のステージと今日に至るまでの感謝を語った。ライブ配信での視聴者も含め、会えなくても繋がっていることを伝えたいと、再度「約束」を熱唱すると拍手喝采となり、三方礼の後、笑顔で手を振りながら約2時間半にわたったステージをあとにした。


なお、本公演では声援を出せない中でもファンと一緒になった演出を取り入れたいという中澤の想いから無線制御型ペンライトが導入され、随所で活用された。

アーカイブ配信

<中澤卓也コンサートツアー2021 〜約束〜>
販売期間:2021年5月9日(日)18:00まで
視聴期間:2021年5月9日(日)23:59まで
チケット:2,000円(税込)
配信プラットフォーム:PIA LIVE STREAM

セットリスト

1.約束
2.青いダイヤモンド
3.初めての君
4.彼岸花の咲く頃
5.シングルベッド(カバー)
6.バンザイ〜好きでよかった〜(カバー)
7.抱きしめてtonight(カバー)
8.君は薔薇より美しい(カバー)
9.俺の愛だから
10.冬の蝶
11.江の島セニョリータ
12.青山レイニーナイト
13.東京タワー
14.泣かせたいひと
15.心変わり
16.黄昏に
17.北のたずね人
18.さくら(独唱)(カバー)
EC1.ありがとうあなたへ
EC2.約束

この記事をツイート

この記事の関連情報