加藤咲希、デビューAL『Anything Blue』5/19(水)全国発売&菊地成孔参加/プロデューサーにトオイダイスケ

ツイート

ジャズシンガーの加藤咲希が2021年5月19日(水)にデビューアルバム『Anything Blue』を全国発売する。またゲストに菊地成孔、プロデューサーにトオイダイスケらが参加している。

◆加藤咲希 関連画像

加藤咲希は東京と横浜を拠点に活動するジャズシンガー。本作は彼女の初のジャズアルバム。『JAZZ JAPAN』誌4月号では、先行でアルバムレビューが掲載され高評価を受ける。

6曲目の「Anything Blue」はゲストに菊地成孔、プロデュースは「けもの」のアレンジも行うトオイダイスケが参加。また、ピチカート・ファイヴ、小西康陽の「Magic Carpet Ride」などのカバー曲も収録される。加藤咲希がジャズシンガーとして活動を始めたのは10年前。満を持して発表する今回のアルバムの制作費はセルフクラウドファウンディングによって集められた。なおSpotifyやAppleの配信サービスでも事前予約がスタートしている。

■菊地成孔 コメント

リッキー・リーともグレッチェンとも、ノラ・ジョーンズともベッカ・スティーブンスとも違う、癒しや溜息ではない新時代の女性ジャズヴォーカリストが誕生。チャイルディッシュ・ヴォイスによる名曲群があなたのハートをちょっとだけ挑発し、大きく動揺させる。


『Anything Blue』

2021年5月19日(水)
KOGUMA Sound Lila-001
予約はこちら : https://owlpop.co/anythingblue

■TRACKLIST
1. Lush Life
2. Dat Dere
3. Candy
4. The Wizard Hits It Even On A Rainy Day
5. Blue Lotus
6. Anything Blue
7. Aguas De Março
8. Magic Carpet Ride
9. Can't Stop The Show

◆加藤咲希 オフィシャルサイト
◆加藤咲希 Instagram
◆加藤咲希 Twitter
この記事をツイート

この記事の関連情報