ギャリエン・クルーガー、軽量なベース・コンボ・アンプ「Fusion 210」「Fusion 212」リリース

ツイート

ギャリエン・クルーガーのベース・アンプ・ヘッド「Fusion 800S」をコンボ・アンプにしたモデルが登場。真空管を用いたプリ部とクラスDパワー部で構成したハイブリッド・ベースアンプ「Fusion 210」と「Fusion 212」がリリースされた。

Fusionコンボは、超小型軽量のハイブリッド・ベースアンプのFusionシリーズのヘッド性能とサウンド、コンセプトを受け継ぎ、NEOシリーズ・キャビネットの技術を組み合わせた軽量なベース・コンボ・アンプ。プリ部に12AX7真空管を3本搭載し、パワー部にクラスDの技術を採用している。


▲耐久性のあるメタル・コーナーとメタル・グリルを採用したFusionコンボは、10インチスピーカー×2基/出力400W(8Ω)の「Fusion 210」(左)、12インチスピーカー×2基/出力800W(4Ω)の「Fusion 212」(右)の2モデルをラインナップ。

アメリカ・カリフォルニアにあるGKの自社工場で製造しているベース・ドライバーは、ダイキャスト・フレームを採用。軽量で大出力のネオジム・ウーファーと1インチ・コンプレッション・ドライバーを搭載することで、非常にパワフルで広いレンジを確保しながら、軽量かつコンパクト・デザインを実現している。

Fusionコンボ・モデルは、現代のミュージシャンの求めるサウンドと機能性を持たせ、スピーカー構成の異なる2モデルを用意。10インチ2基を搭載した「Fusion 210」と、12インチ2基を搭載した「Fusion 212」をラインナップする。


▲コントロールは2モデル共通。2つのチャンネル(Normal、Ovardrive)、4バンドのアクティヴEQ(Bass、Lo-Mid、Hi-Mid、Treble)、3つのヴォイシング・フィルター(Bump、Contour、Presence)で多彩なサウンド・メイキングが可能。

トップに位置するコントロール・パネルは、プッシュ式のスイッチ機能を持たせたイルミネーテッド・コントロール・ノブを採用することで、操作もわかりやすく、驚くほどの多彩な機能とサウンド・バリエーションを実現。同様にリア・パネルの入出力端子も充実している。


▲リア・パネルにはXLRダイレクト出力端子、エフェクト・センド/リターン端子、AUX入力端子、ヘッドフォン出力端子、スピーカー出力端子(speakON)を備える(写真はFusion 212)。

さらに付属の1ボタン・フットスイッチを使用することで、足元で瞬時にクリーン/ドライブのサウンドの切り替えが可能。回路基板の接続には、金メッキされたコネクターを使用することにより、高品質なサウンドと高い信頼性を実現している。

クーリング・ファンによる放熱システムを装備するほか、過度の熱や回路のショート、過負荷が生じた時に動作する保護回路と不具合を示すインジケーターも搭載する安心の設計もポイント。外部スピーカー出力端子を備えることで、小規模なスペースから大規模なステージまで、ユーザーのニーズに応える。高いスペック、プロフェッショナル向けのトーン、そして優れたポータビリティを組み合わせたコンボ・モデルとなっている。

製品情報

◆Fusion 210
価格:オープン(神田商会オンラインストア価格 225,500円 税込)
◆Fusion 212
価格:オープン(神田商会オンラインストア価格 242,000円 税込)
発売日:2021年5月7日

<おもな仕様>
●Fusion 210
■出力:400W(8Ω)※外部キャビネット(8Ω)接続時:合計800W
■内部スピーカー:10”Neodymium Bass Driver×2、Horn
■サイズ:625×486×373mm
■重量:約19.7kg
●Fusion 212
■出力:800W(4Ω)※外部キャビネット(4Ω)接続時:合計800W
■内部スピーカー:12”Neodymium Bass Driver×2、Horn
■サイズ:706×486×373mm
■重量:約22.4kg
●Fusion Combos共通
■コントロール: Trim/Voice、Normal/On、Overdrive/On、Edge/Cut、Level/Body、Bass/Bump、Lo-mid/Cont、Hi-Mid/Hicut、Treble/Pres、Master/Mute
■スイッチ:Power、Ground/Lift、Source[Pre/Post]、Horn、Cabinet Impedance
■入出力端子:<Front Panel> Input <Rear Panel> AC Input、Direct Out、Phones、Aux In、Foot Switsch、Return、Send、Speaker Outputs(speakON)
■イコライザー:[Bass] +/-10dB@60Hz [Lo-Mid] +6dB/-10dB@250Hz [Hi-Mid] +6dB/-10dB@1KHz [Treble] +/-14dB@7KHz
■ボイシング・フィルター:Contour +2dB@50Hz / -10dB@500Hz / +3dB@7 KHz
この記事をツイート

この記事の関連情報