KK’sプリースト、デビュー・アルバムのティーザー公開

ツイート

元ジューダス・プリーストのK.K.ダウニングが、同じく元ジューダス・プリーストのティム“リッパー”オーウェンズ(Vo)とレス・ビンクス(Dr)、それにTony Newton(B/Voodoo Six)、A.J. Mills(G/Hostile)と結成した新バンド、KK’sプリーストのデビュー・アルバムのティーザーを公開した。

◆KK’sプリースト画像、動画

アルバムのタイトルは『Sermons Of The Sinner』で、5月12日から予約を受け付けるという。15秒ほどではあるが、そのサウンドが試聴できる動画の投稿があった。これはタイトル・ソングのミュージック・ビデオだと考えられている。



アルバムのリリース日、収録曲のリスト等の詳細はまだ明かされていない。オフィシャル・サイト(kkspriest.com)が開設され、メルアドを登録するとニュースやオファーを受け取ることができるそうだ。

ダウニングは2019年夏、英国で開かれたヘヴィ・メタル・フェスティバル<Bloodstock Open Air>で、ロス・ザ・ボスのパフォーマンスにゲスト出演することで約10年ぶりにステージに立ち、2020年2月、KK’sプリーストの結成を発表した。

ティム“リッパー”オーウェンズは昨年、デビュー・アルバムについて「信じられないサウンドだ。本当に凄いアルバムになる」と話していた。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報