ギブソン、オリアンティの新作シグネチャーモデル「Orianthi SJ-200」リリース

ツイート

ギブソンから、オーストラリア出身の女性ギタリスト、オリアンティのシグネチャー・モデル「Orianthi SJ-200 Acoustic Custom in Cherry」が全世界でリリースされる。

オリアンティは、これまでに数多くのプラチナ・アルバムをリリース。10年以上にわたり圧倒的な演奏で人々を魅了し、マイケル・ジャクソン、アリス・クーパー、キャリー・アンダーウッド、リッチー・サンボラなどと共演をしてきたギタリスト。

今回、アメリカ モンタナ州ボーズマンのギブソン・アコースティックギター工場のルシアーたちと協力し、鮮やかなチェリー・フィニッシュのギブソンSJ-200アコースティックギターを完成させた。


AAAシトカスプルース・トップとフレイムメイプル・バックのSJ-200ボディに、ES-345ネックを組み合わせ、通常のSJ-200アコースティックギターとは一線を画している。エボニー指板には新たにデザインされた蓮の柄を持つロータス・ネックインレイが施され、ヘッドストックにはオリアンティのシンボルマークであるOマークがデザインされたマザーオブパール・インレイが施され、オリアンティのためにカスタム・ヴォイシングが施されたLR Baggs Orianthiピックアップ・システムを搭載。サウンドホール部にマウントされたコントロール部でサチュレーションのレベルを微調整することができる。チェリー・フィニッシュは、ニトロセルロース・ラッカーで仕上げられている。

オリアンティは、2020年秋に7年ぶりとなるスタジオ・アルバム『O』をリリース。プロデューサー、ハワード・ベンソンと共に、2021年に発売予定のニューアルバムの制作に取り組んでいる。



製品情報

「Gibson Orianthi SJ-200」
【税込希望小売価格】 786,500円
【発売開始時期】発売中

関連リンク

◆製品ページ
この記事をツイート

この記事の関連情報